イ・ビョンホン主演映画『KCIA 南山の部長たち』2021年1月公開 朴正煕大統領暗殺の裏側を描く

イ・ビョンホン主演映画『KCIA 南山の部長たち』2021年1月公開 朴正煕大統領暗殺の裏側を描く

 イ・ビョンホン主演映画『KCIA 南山の部長たち』が、2021年1月にシネマート新宿ほかにて公開されることが決定した。

 本作は、1979年10月26日に大韓民国の朴正煕大統領が、大統領に次ぐNo.2の権力者とも言われた中央情報部(通称:KCIA)部長キム・ジェギュ(金載圭)に暗殺された実話を基に描く実録サスペンス。

 1979年10月26日、大韓民国大統領直属の諜報機関である中央情報部(通称:KCIA)部長キム・ギュピョン(イ・ビョンホン)が、大統領(イ・ソンミン)を射殺した。さかのぼること40日前、KCIA元部長パク・ヨンガク(クァク・ドウォン)が、亡命先であるアメリカの下院議会聴聞会で韓国大統領の腐敗を告発する証言を行った。さらには回顧録を執筆中だともいう。激怒した大統領に事態の収拾を命じられたキム部長は、アメリカに渡り、かつての友人でもある裏切り者・ヨンガクに接触する。それが、やがて自らの運命をも狂わせる哀しき暗闘の幕開けとも知らず……。

 イ・ビョンホンは、愛国心と大統領への崇拝、そして静かに燃える野心との間で葛藤するキム部長を演じる。共演には、『工作 黒金星(ブラック・ヴィーナス)と呼ばれた男』のイ・ソンミン、『哭声/コクソン』のクァク・ドウォン、『1987、ある闘いの真実』のイ・ヒジュン、『ザ・キング』のキム・ソジンらが集結。『インサイダーズ/内部者たち』でイ・ビョンホンとタッグを組み、当時R指定作品として歴代最高の観客動員記録を打ち立てたウ・ミンホが監督を務めた。

■公開情報
『KCIA 南山の部長たち』
2021年1月、シネマート新宿ほか全国ロードショー
出演:イ・ビョンホン、イ・ソンミン、クァク・ドウォン、イ・ヒジュン、キム・ソジン
監督:ウ・ミンホ
脚本:ウ・ミンホ、イ・ジミン
撮影:キム・ジヨン
音楽:チョ・ヨンウク
原作:金忠植『実録 KCIA―「南山と呼ばれた男たち」』(訳:鶴真輔/講談社刊)
配給:クロックワークス
COPYRIGHT (c) 2020 SHOWBOX, HIVE MEDIA CORP AND GEMSTONE PICTURES ALL
RIGHTS RESERVED.
2019/韓国/5.1ch/114分/字幕翻訳:福留友子/英題:The Man Standing Next/PG12
公式サイト:http://klockworx-asia.com/kcia/

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる