二階堂ふみが『エール』で見せる、確かな演技力 ヒロイン・音の心をより強く代弁

二階堂ふみが『エール』で見せる、確かな演技力 ヒロイン・音の心をより強く代弁

 一番近くで見ているからこそ、その変化を敏感に感じ取り時に不安を抱えてしまう。夫が変わっていく姿に動揺を抱えながらも、音(二階堂ふみ)は裕一(窪田正孝)が戦地に慰問に行く姿を見送る。『エール』(NHK総合)第17週「歌の力」では裕一の作った曲に力をもらい戦地に出向く人がいる一方、裕一が軍の姿勢に傾倒していく姿の危うさが生々しく描かれた。

 第4週目から本格的に登場した二階堂ふみは、まだ幼さの残るあどけない表情の音から、裕一の妻としての堂々とした音までを、その卓越した表現力で演じ分ける。特に第16週から第17週にかけては、戦時下を生きる一人の女性として、そして母としてのたくましささえも感じられた。

 裕一と一緒に泣き、笑い、時に怒り、喜怒哀楽をはっきりと表現してきた、かつての音には、どちらかというと素直で無邪気な印象があったし、裕一をリードする力強さはあったものの、どっしりと構えて「待つ」といった余裕は無いように思えた。しかし、ここのところの音は、不安や動揺を抱えながらも子育てや社会的な付き合いをこなし、裕一の仕事に対して真っ向から否定しない「中庸」を保っている。

 パートナーとの価値観がズレていくもどかしさは、現代の夫婦やカップルにおいても同様に苦しいものだろう。音が裕一の思想に危うさを感じ、不安に思う姿からは、視聴者も同様の不安を煽られる。二階堂はそんな不穏な古山家の緊張感を、佇まいと表情からひしひしと感じさせた。

 さらに裕一が慰問に行くと決意してからは、裕一に無事でいて欲しいが、為す術もない心の痛みを抱えながらも「あなたの音楽で兵隊さんたちを勇気づけてきてください」と言葉をかけ、裕一の頬を優しく両手で包む。久しぶりに裕一から音に宛てられた手紙は、慰問に向かう決意と音との暮らしへの感謝が綴られた切ない文面だった。ひとりこの手紙を読み、夕陽に照らされる音は「あなたを信じる」と口にし、裕一の無事を願う強い思いをにじませた。音はどんな時も裕一の音楽を否定せずに、一番の理解者であろうとする。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマシーン分析」の最新記事

もっとみる