『キワドい2人』山田涼介&ジェシー、『DIVER』正門良規ら、“ジャニーズ若手刑事役”なぜ増加?

『キワドい2人』山田涼介&ジェシー、『DIVER』正門良規ら、“ジャニーズ若手刑事役”なぜ増加?

 9月、10月の秋ドラマが続々とスタートしている。今期もジャニーズメンバーたちの活躍が多々見られそうだ。

 ジャニーズメンバーたちが出演している昨今の作品を振り返ると、“刑事役”が増えているように感じる。例えば、『チート〜詐欺師の皆さん、ご注意ください〜』(読売テレビ・日本テレビ系)には風間俊介とSnow Man・岩本照、『記憶捜査〜新宿東署事件ファイル〜』(テレビ東京系)には同じく風間とSnow Man・深澤辰哉、『ボイス 110緊急指令室』(日本テレビ系)にはNEWS・増田貴久、『監察医 朝顔』シリーズ(フジテレビ系)には風間とSixTONES・森本慎太郎がそれぞれ刑事役として出演をしている。

 今期でも『キワドい2人-K2- 池袋署刑事課神崎・黒木』(TBS系)でHey! Say! JUMP・山田涼介とSixTONES・ジェシー、『DIVER‐特殊潜入班‐』(カンテレ・フジテレビ系)でAぇ! group・正門良規が刑事役を務め、前クールでは刑事ではないものの『未満警察 ミッドナイトランナー』(日本テレビ系)でSexy Zone・中島健人、King & Prince・平野紫耀が警察学校生を演じるなど、“ジャニーズ警察モノ”が相次いでいる。

 これまで、ジャニーズメンバーは学園ドラマに多く出演していた印象だ。KinKi Kids・堂本剛の『金田一少年の事件簿』(日本テレビ系)、堂本光一の『銀狼怪奇ファイル 〜2つの頭脳を持つ少年〜』(日本テレビ系)頃から活発になり、『ごくせん』シリーズ(日本テレビ系)、『野ブタ。をプロデュース』(日本テレビ系)、『花より男子』シリーズ(TBS系)、そして『3年B組金八先生』シリーズ(TBS系)など挙げれば切りがない。SixTONES結成のきっかけになったのも『私立バカレア高校』(日本テレビ系)と学園ドラマである。なぜここに来て「若手刑事」がジャニーズメンバーたちとマッチし始めたのだろうか。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アクター分析」の最新記事

もっとみる