大作映画に続き『キワドい2人』ヒロインに抜擢! 関水渚が教訓にする、長澤まさみの言葉

大作映画に続き『キワドい2人』ヒロインに抜擢! 関水渚が教訓にする、長澤まさみの言葉

 2020年公開の映画『カイジ ファイナルゲーム』『コンフィデンスマンJP プリンセス編』に続き、現在は金曜ドラマ『キワドい2人-K2-池袋署刑事課神崎・黒木』(TBS系、以下『キワドい2人』)でヒロイン役に抜擢された関水渚が、まさに飛ぶ鳥を落とす勢いの活躍を見せている。

 関水が本作で演じるのは、主演の山田涼介演じる神崎隆一と田中圭演じる黒木賢司と深く関わっていく氏原彩乃。今回、リアルサウンド映画部では、昨年、女優デビューを飾った『町田くんの世界』以降の関水の心境の変化や、『キワドい2人』の現場の様子を語ってもらった。

山田涼介と田中圭は「2人ともお兄ちゃんみたいな存在です」

ーー昨年の『町田くんの世界』のインタビュー(参考:『町田くんの世界』細田佳央太×関水渚が明かす、大役抜擢の裏側と豪華共演者から学んだこと)では、「驚きやプレッシャーで泣いてしまった」と話していましたが、あれから『カイジ ファイナルゲーム』『コンフィデンスマンJP プリンセス編』と大作映画への出演、今回の『キワドい2人』の出演が決まった際はどうでしたか?

関水渚(以下、関水):もうおそらく、そういうことはないですね。あのときは大変でした(笑)。

ーー経験を重ねて、緊張やプレッシャーには慣れた?

関水:最近はあまりプレッシャーを感じないような気がしてたんですけど、やっぱりどこかで感じているみたいで、時々「どうしよう……」ってなる日はあります。休みの日にすごく落ち込んで、何もできなくなって、とことん落ち込むことで、自分の中で解決して切り替えたりすることはできるようにはなりました。

ーー『キワドい2人』の第1話では、誘拐事件の黒幕的な存在でしたが、今後はどんな人物として物語に登場するのでしょう?

関水:第2話以降は、神崎さんと黒木さんの事件の捜査に関わって、2人の1番近くにいる存在になっていきます。彩乃はとても快活で度胸のある女の子で、思ったことは口に出すし、それが的確だったりすることもあって、でもまだ子供なので間違えることもある。ガツガツ進んでいく怖いもの知らずなタイプなので、私とはあまり似ていなくて、最初は役作りに苦戦したんですが、プロデューサーさんと相談しながらヒントをいただいて取り組んでいます。

ーー共演の山田さんと田中さんは役者として先輩になりますが、現場で学ぶことはありますか?

関水:言葉で直接お芝居を教えてもらうというわけではありませんが、行動とか佇まいで見せてくださるので勉強になります。現場がとても暑い日に、私と山田さんで「暑いね」って話していたら、田中さんはなぜか長袖のスーツを着ているのに余裕そうに座っていて、「どうしたんですか?」って聞いたら「やっぱ20年やってるから精神力が違う」と(笑)。冗談だとは思うんですけど、「俺はもう扇風機なんて当たらなくても涼しい」ってずっと言い張っていて、「本当かよ!」って思っていました(笑)。

ーー現場はリラックスして撮影に臨めている雰囲気なんですね。

関水:初日はとても緊張していて、田中さんとすごく近い距離でセリフを言い合うので、どうしようと思って、ずっとドキドキしていました。けど先輩方が優しいので、そのおかげで慣れて、もう2人ともお兄ちゃんみたいな存在です。

ーー実際にどんなお話を?

関水:世間話がほとんどです。“おしゃれなものしりとり”とか。おしゃれなものしか言わないっていうルールだったんですが、3人ともおしゃれじゃないのか全く進まなくて、ちょっとつまらないからやめようってなってやめました(笑)。

ーー山田さんと田中さんは今回兄弟役を演じていますが、実際の2人に似ていると感じるところはありますか?

関水:うまく言葉では表せないんですが、似てるとは感じますね。話していることやお芝居のやり方は同じではないんですが、感覚的に似てるというか、よく見てると似てるんです。たぶん1カ月くらい2人の話を聞き続けていたら、「ああ似てるな」って皆さん気付くと思います(笑)。2人も似てると思うって言ってましたね。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「インタビュー」の最新記事

もっとみる