>  > 細田佳央太×関水渚『町田くんの世界』対談

『町田くんの世界』細田佳央太×関水渚が明かす、大役抜擢の裏側と豪華共演者から学んだこと

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 映画『町田くんの世界』が6月7日に公開された。『舟を編む』『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』の石井裕也監督最新作となる本作は、運動も勉強もできないが、すべての人を分け隔てなく愛することができる才能を持つ“人が大好き”な町田くんが、“人が大嫌い”な猪原さんに出会ったことで、初めて“わからない感情”に向き合う模様を描いた青春映画だ。

 岩田剛典、高畑充希、前田敦子、太賀、池松壮亮、戸田恵梨香、佐藤浩市、北村有起哉、松嶋菜々子ら豪華キャストが集結した本作のメインキャストに抜擢されたのは、1000人のオーディションから選ばれた演技経験ほぼゼロの新人だ。今回そんなメインキャストの2人、町田くんを演じた細田佳央太と猪原さんを演じた関水渚にインタビューを行い、オーディションを勝ち抜いた心境や撮影時のエピソード、今後の目標などについて話を聞いた。【インタビューの最後には、サイン入りチェキプレゼント企画あり】

細田「無意識のうちに緊張感はずっとあった気がする」

ーーメインキャストとしてこれだけ大きな作品に出るのはお2人とも今回の『町田くんの世界』が初めてですよね。やっぱりプレッシャーは大きかったですか?

細田佳央太(以下、細田):そうですね。この取材でも結構緊張しているぐらいなので……(笑)。今回、最初にプロデューサーの方から他のキャストの方々の名前を知らされた時に、本当に不安になったんです。岩田剛典さん、高畑充希さん、前田敦子さん、太賀さん、池松壮亮さん、戸田恵梨香さん、佐藤浩市さん、北村有起哉さん、松嶋菜々子さん……ですから。でも、この作品で主演をやらせていただくのが決まった時に、石井監督から、「手を抜くなよ」とは言われていたので、「そのプレッシャーに負けてる場合じゃないな」「どんどん食らいついていくくらいじゃないと」と、スイッチが切り替わった感じもありました。

関水渚(以下、関水):私も最初はとにかく不安でした。共演者の方々の名前が発表された時は驚きとプレッシャーで涙が出ましたが、共演者の先輩たちが本当に優しかったので、ご一緒できてよかったなと心から思っています。

『町田くんの世界』特別映像

ーー関水さんはオーディションの時にも号泣されていたそうですね。

関水:私、すぐ泣いてしまうんです(笑)。オーディションの時は、もともと石井監督のファンで、『町田くんの世界』は原作も読んでいて好きな作品だったので、どうしてもやりたいという気持ちがあったんです。それで前のめりになってしまって、心臓の鼓動が変な感じになり、自己紹介を始めたら涙が出てきてしまいました。お話にならないレベルで、オーディションも大失敗だと思っていたんですけど、なぜか受かることができました(笑)。

細田:なに、その笑い。嬉しくなっちゃった?(笑)

関水:うん(笑)。オーディションの最後で、私たち2人が呼ばれて、その場でお芝居をしたんです。その時にその場で合格と言われたんです。合否をあんな形で発表されるとは思っていなかったので、本当にビックリしました。

細田:僕もすぐには飲み込めなかったです。状況が状況だったので……。しかも、石井監督が僕らの芝居を見て、「いいんじゃない?」とおっしゃったんですよ。その「いいんじゃない?」が、「OK」の意味の「いいんじゃない?」ではなくて、「この2人はない」の意味の「いいんじゃない?」とも取れたので、「ん!?」という感じで本当に意味がわからなくて……。でも、徐々に状況が理解できて、「あぁ、受かったんだ」と、役を勝ち取れたことの嬉しさが込み上げてきました。それと同時に、主演という役どころだったり、1000人の中から選んでいただけたというプレッシャーもすぐに襲ってきました。ずっとは喜んでいられなかったですね。

ーープレッシャーは撮影に入るまでずっとあったんですか?

細田:最初はありました。でも、撮影に入る前に1~2カ月ほど、監督と僕と関水さんとプロデューサーさんとでの特訓期間があったので、「あれだけやったから大丈夫」という気持ちもありました。とはいってもやはり、どこか無意識のうちに緊張感はずっとあった気がします。

関水:私は撮影が始まる初日までずっと不安でした。いくらリハーサルを重ねても、「本当に自分にできるのかな」という気持ちがずっとあったんです。いざ撮影が始まってしまうと、そういうことを考える余裕もなくなってしまいましたが、始まる前は夜も眠れないくらい不安とプレッシャーがありました。

ーー“特訓期間”ではどういうことを?

細田:まず、振り切ったお芝居ができるかどうかを監督に見ていただきました。最初は役に関係なく、お腹がよじれるくらい笑ったり、今の自分の気持ちを大きな声で言いながら舞ってみたり……そういうことをすぐその場でやってみることから始まって、徐々に台本に入っていきました。リハーサルの最後の方では、ロケハンや美術打ち合わせにも参加させていただいたんです。映画の世界にそういうことがあることすら僕は知らなかったですし、役者がそこに参加することは稀だと後々知ったので、すごく貴重な機会だなと。スタッフの皆さんがそのくらい僕たちのことをチームの一員として見てくださっているのがすごく嬉しくて、より頑張ろうと思いました。

「『町田くんの世界』細田佳央太×関水渚が明かす、大役抜擢の裏側と豪華共演者から学んだこと」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版