小籔千豊と本郷奏多が繰り広げた、公家の雅な戦い 『麒麟がくる』に張り詰める緊張感

小籔千豊と本郷奏多が繰り広げた、公家の雅な戦い 『麒麟がくる』に張り詰める緊張感

 あまりにセンセーショナルな結末が戦国の世の厳しさを物語った。NHK大河ドラマ『麒麟がくる』の第26回では、朝倉義景(ユースケ・サンタマリア)を見限った光秀(長谷川博己)が、信長(染谷将太)に単独上洛の道を進言する様子が描かれる。

 近衛前久(本郷奏多)が推挙した足利義栄(一ノ瀬颯)は、将軍の座に就くものの京に上れないでいた。一方、長年関白職を近衛家に独占されていた二条家の当主・晴良(小籔千豊)が、義昭(滝藤賢一)の元服の儀に向けて動きだす。就任早々の将軍不在に加え、ライバルともいえる晴良の出現で、前久は窮地に立たされることになる。

 前久と対立する二条晴良を演じたのは、お笑いタレントの小籔千豊。吉本新喜劇の座長を務めるほか、ドラマでも活躍している。小藪は『マネーの天使〜あなたのお金、取り戻します!〜』(読売テレビ・日本テレビ系)で連続ドラマ初主演を果たし、その後も『陸王』(TBS系)、『テセウスの船』(TBS系)に出演し、芝居の道でも頭角を現す。今回の出演に際し、小藪は「近衛さんや他の方を通して『二条は嫌なヤツだ』と思ってご覧いただけたらありがたいです。近衛前久役の本郷奏多さんがすごく素敵な俳優さんですので、本郷さんをみなさんで応援していただき、そして僕を憎んでいただけたらと思います」とコメントを残している(参考:小籔千豊、『麒麟がくる』第26回より登場 「“二条は嫌なヤツだ”と思ってご覧いただけたら」)。

 この2人の初共演シーンでは、小藪の煽るような芝居を受けた本郷もまた、片側の口角をキュッと上げ、きつく二条を睨みつけるなど、不愉快さを強く表して憎しみを表現する。内裏の落ち着いた佇まいの中で進行するシーンだが、公家の雅な戦いとキリキリと胃を蝕むような緊張感は画面越しにも痛烈に伝わってきた。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマシーン分析」の最新記事

もっとみる