エディ・レッドメインらが権力に立ち向かう、Netflix『シカゴ7裁判』予告編公開 一部劇場での公開も

 10月16日に配信されるNetflix映画『シカゴ7裁判』の予告編とキービジュアルが公開された。

 本作は、ベトナム戦争の反対運動に端を発し、抗議デモを企てたとされ逮捕、起訴された7人の男“シカゴ・セブン”の衝撃の裁判を描いた、実話に基づく物語。

 『ファンタスティック・ビースト』シリーズのエディ・レッドメイン、『インセプション』のジョセフ・ゴードン=レヴィット、『ボラット 栄光ナル国家カザフスタンのためのアメリカ文化学習』のサシャ・バロン・コーエン、『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』のマイケル・キートン、『ブリッジ・オブ・スパイ』のマーク・ライランスらオスカー俳優が多数出演。さらに、『パーティで女の子に話しかけるには』のアレックス・シャープ、『サクセッション』のジェレミー・ストロング、『ウォッチメン』のヤーヤ・アブドゥル=マティーン2世らも脇を固める。

 脚本・製作総指揮を務めた『ソーシャル・ネットワーク』でアカデミー賞脚色賞を受賞、脚本を務めた『マネーボール』ではアカデミー賞脚色賞にノミネート、脚本を務めた『スティーブ・ジョブズ』ではゴールデングローブ賞脚本賞ノミネートなど確かな実力を誇り、数々の実話に基づく作品を独自の目線で手がけてきたアーロン・ソーキンが監督・脚本を担当する。

 公開されたキービジュアルでは、立ちはだかる警官を横目に勇敢に法廷に向かう男の姿が切り取られている。

『シカゴ7裁判』予告編 – Netflix

 予告編では、抗議のデモ隊と警察との衝突、“シカゴ・セブン”らが起訴された裁判の
様子や、陪審員の買収や盗聴のシーンなどが描かれている。

 なお本作は、10月より日本でも一部劇場にて公開される予定だ。

■配信情報
Netflix映画『シカゴ7裁判』
10月16日(金)より独占配信開始
監督・脚本:アーロン・ソーキン
出演:サシャ・バロン・コーエン、エディ・レッドメイン、ジョセフ・ゴードン=レヴィット、マイケル・キートン、マーク・ライランス、アレックス・シャープ、ジェレミー・ストロング、ヤーヤ・アブドゥル=マティーン2世、ジョン・キャロル・リンチ、フランク・ランジェラ

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる