アンジャッシュ 児嶋一哉、磨きがかかった“くどくない個性” 『半沢直樹』結末はいかに!

アンジャッシュ 児嶋一哉、磨きがかかった“くどくない個性” 『半沢直樹』結末はいかに!

 いよいよ最終回を迎えるTBS系日曜劇場『半沢直樹』。シリーズ史上最大にして最強の敵である政界の大物・箕部啓治幹事長(柄本明)に挑む半沢直樹(堺雅人)の、現時点での最後の戦いが描かれる。そんななか、にわかに注目を集めているのが、秘書・笠松茂樹役で登場しているお笑いコンビ・アンジャッシュの児嶋一哉だ。

 第8話の放送延期を受けて急遽生放送された特番『半沢直樹の恩返し』で、シリーズの演出を務める福澤克雄監督が、最終回で笠松が重要な役割を果たすと言及。児嶋自身は番組でどんな役割かについて語っていなかったが、現場のボスがそう言うからには、きっとキーマンとなる活躍が見られるのだろう。

 また福澤監督は児嶋の起用理由について、自身が演出を務めた日曜劇場『ルーズヴェルト・ゲーム』(番組では『ノーサイド・ゲーム』と話していたが、児嶋は『ノーサイド・ゲーム』には出演していないので、『ルーズヴェルト・ゲーム』のことだと思われる)での演技を絶賛し「いいエンジンを持っている」と評していた。

 新シリーズの「銀翼のイカロス編」から登場した笠松は、江口のりこ演じる白井亜希子国土交通大臣の秘書という役柄だ。原作にも白井大臣の秘書は出てくるが、名前もなく見せ場もない。ドラマのオリジナルキャラクターと言ってもいいだろう。

 第9話までの登場シーンでは、白井大臣から、半沢の作成した帝国航空再建案の出来栄えを聞かれた際「見事な再建案だと思います。これなら自力復興は可能でしょう」と半沢を評価する場面や、箕部幹事長に自殺してしまった牧野副頭取の通帳のコピーを渡す場面、そして第9話では伊勢志摩ステートの不正なお金の流れを調べに来た半沢や森山(賀来賢人)の足取りを追う場面など、匂わせる部分はあるものの、そこまで物語に絡んでくる動きを見せていない。

 半沢の敵となる政府側の人間であるが、半沢のバンカーとしての実力をあっさり評価するなど、オリジナルキャラクターであるため、最終的に半沢の敵となるのか味方となるのか分からない。かといって、含みだらけの芝居で視聴者を翻弄するわけでもない。

 それなのに、なぜか気になってしまう……。以前、2016年に公開された三島有紀子監督の『少女』という映画に国語教師役で出演した児嶋の芝居を「くどくない個性」と表現した。強烈な個性を発揮するキャラクターを演じるわけではないが、なぜかあとを引くような余韻の残す芝居をする。

 だからこそ、善か悪か分からないようなキャラクターを演じると、どうしても気になってしまう。『少女』のときも、子供たちに「夢をあきらめるな」と説きつつ、コンプレックスの塊として狂気的な面を持つ、ある意味で怖いキャラクターだったが、芝居は淡々としていた。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アクター分析」の最新記事

もっとみる