『半沢直樹』香川照之、“一族をかけた戦い”を宣言! 「いとこまで土下座を食らうわけには」

『半沢直樹』香川照之、“一族をかけた戦い”を宣言! 「いとこまで土下座を食らうわけには」

 TBS日曜劇場『半沢直樹』の制作発表配信会見が7月12日に行われ、堺雅人、上戸彩、及川光博、片岡愛之助、今田美桜、井川遥、尾上松也、市川猿之助、北大路欣也、香川照之が登壇した。

 池井戸潤の『半沢直樹』シリーズより『ロスジェネの逆襲』と『銀翼のイカロス』(ダイヤモンド社/講談社文庫)を原作とする本作。2013年7月期に放送され、「やられたらやり返す。倍返しだ!」の決めゼリフが社会現象を巻き起こした半沢直樹が、新シリーズとして帰ってくる。

 会見前、第1話を揃って鑑賞したというキャスト陣。堺は「ようやく半沢直樹が帰って参りました」と挨拶し、「すごいカロリーの詰まったドラマで、ワンシーンワンシーン大変だったんですが、通して観ると壮大な物語が始まった感じがします。大きな船出」と、手応えを感じている様子。前作に続き、半沢の妻役を演じる上戸も「おもしろかったです! いちファンとして、みなさんに早く観ていただきたい」と声を弾ませた。

 そんな中、市川は「原作のおもしろさが、役者・スタッフの力を得て立体化され、血が流れ、熱を持ち、映画のような仕上がりになり、興奮し、きっとみなさまの心を捉える作品になると確信した」と、作品を“生き物”にたとえてコメント。堺も「撮影の中断がありましたから、感慨もひとしお。まだ死んでなかったんだ。脈はあるんだ。そして、力強く心臓は動いているんだ」と胸を張った。

 一方、香川は、出演者の“キャラクターの濃さ”について言及。登壇者全員が登場するシーンがないことに触れ、「みんな集まると濃すぎるから、ちょうどいい配分で描かれている」と持論を展開。すると堺が「濃かったといえば、今日の楽屋で歌舞伎のみなさんは“どこの地方巡業だ”っていう賑やかさだった」と語り、トークは予想外の流れに。及川も「ずっとお喋りしてるから、副音声の解説付きだもん」と同調し、堺は「あれ、(副音声として実際に)流したかったね」とほほえんだ。

 また、現場の“熱”を感じているという北大路は「みなさんの心の戦いに圧倒されます。いや~、すごいですよ。もう、本当に」とキャストたちの熱演を絶賛。それを受けた及川は「緊張感たっぷりですよ。あと北大路先生には悪いんですけど、結構トチってます」とおどけて笑わせた。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「レポート」の最新記事

もっとみる