波瑠、松山ケンイチ、安田顕らラブホテルを取り巻く人物たち 『ホテルローヤル』場面写真公開

波瑠、松山ケンイチ、安田顕らラブホテルを取り巻く人物たち 『ホテルローヤル』場面写真公開

 11月13日公開の波瑠主演映画『ホテルローヤル』より、新たな場面写真が公開された。

 本作は、2013年に第149回直木賞を受賞し、累計発行部数85万部を超える桜木紫乃の同名小説を映画化するもの。原作は七編からなる連作小説で、北海道の湿原に立つラブホテルを舞台に、現在から過去へ時間軸を遡り、ホテルの盛衰とそこを訪れる人々の生と性を、切なくも瑞々しいタッチで描いた。映画では、ホテルローヤルの扉を開く男と女、問題を抱える経営者家族・従業員のそれぞれの人生模様を、波瑠演じるホテルの経営者家族の一人娘・雅代を主軸として描く。

 『百円の恋』『嘘八百』シリーズで監督、Netflixオリジナルシリーズ『全裸監督』で総監督を務めた武正晴監督がメガホンを取り、現在放送中のNHK連続テレビ小説『エール』を手がける清水友佳子が脚本を担当する。

 公開された場面写真は、湿原を背に建つ北国のラブホテル「ホテルローヤル」を取り巻く、個性豊かなキャラクターたちの姿を捉えたもの。

 家業のラブホテルを継ぎ女将として働く波瑠がボイラー室で従業員役の余貴美子、原扶貴子と並んで、喚起口から漏れ聞こえてくる客室の声に耳をそばだてる様子や、スーツを着た松山ケンイチがアダルトグッズ会社の営業担当として「ホテルローヤル」を訪れ、グッズの説明などセールストークをするシーンなどが切り取られている。

 また、波瑠の父親役を演じた安田顕が「ホテルローヤル」で起きたある事件を嗅ぎつけたマスコミに囲まれ、彼らを追い返すべく激しい剣幕をみせる様子や、ホテルを訪れる客として、高校教師とその生徒を演じた岡山天音と伊藤沙莉はホテルの一室で何やら意味深な会話をしている場面なども確認できる。

Arrow
Arrow
ArrowArrow
Slider

■公開情報
『ホテルローヤル』
11月13日(金)TOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショー
出演:波瑠、松山ケンイチ、余貴美子、原扶貴子、伊藤沙莉、岡山天音、正名僕蔵、内田慈、冨手麻妙、丞威、稲葉友、斎藤歩、友近、夏川結衣、安田顕
監督:武正晴
脚本:清水友佳子
音楽:富貴晴美
主題歌:Leola「白いページの中に」(Sony Music Labels Inc.)
原作:桜木紫乃『ホテルローヤル』(集英社文庫刊)
製作:『ホテルローヤル』製作委員会
製作幹事:メ〜テレ、ファントム・フィルム
配給:ファントム・フィルム
(c)桜木紫乃/集英社 (c)2020 映画『ホテルローヤル』製作委員会
公式サイト:https://www.phantom-film.com/hotelroyal/

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる