波瑠主演映画『ホテルローヤル』予告編公開 松山ケンイチ、伊藤沙莉、安田顕らの姿も

波瑠主演映画『ホテルローヤル』予告編公開 松山ケンイチ、伊藤沙莉、安田顕らの姿も

 11月13日公開の波瑠主演映画『ホテルローヤル』の予告編が公開された。

 本作は、2013年に第149回直木賞を受賞し、累計発行部数85万部を超える桜木紫乃の同名小説を映画化するもの。原作は七編からなる連作小説で、北海道の湿原に立つラブホテルを舞台に、現在から過去へ時間軸を遡り、ホテルの盛衰とそこを訪れる人々の生と性を、切なくも瑞々しいタッチで描いた。映画では、ホテルローヤルの扉を開く男と女、問題を抱える経営者家族・従業員のそれぞれの人生模様を、波瑠演じるホテルの経営者家族の一人娘・雅代を主軸として描く。

 『百円の恋』『嘘八百』シリーズで監督、Netflixオリジナルシリーズ『全裸監督』で総監督を務めた武正晴監督がメガホンを取り、現在放送中のNHK連続テレビ小説『エール』を手がける清水友佳子が脚本を担当する。

映画『ホテルローヤル』予告編

 公開された予告編では、跡取りとして家業であるホテルローヤルを手伝っている雅代(波瑠)や妻に愛想を尽かされた父(安田顕)、子育てと親の介護に追われる夫婦(正名僕蔵、内田慈)、行き場を失った女子高生と妻に裏切られた高校教師(伊藤沙莉、岡山天音)、雅代がほのかに恋心を抱くアダルトグッズの営業マン(松山ケンイチ)ら、ホテルで働く人や訪れる人たちの姿が描かれる。後半では、雅代が、父に向かって「ずっと嫌だった。ラブホの娘ってからかわれて。巻き込まないでよ!」とラブホテルの跡取りであることに反発するシーンや、ある日ホテルの一室で心中事件が起こり、雅代たちがマスコミの標的になる様子が描かれている。

 なお、予告編と同時に解禁となった主題歌は、これまで様々な世代の歌手が歌い継いできた1978年発売の柴田まゆみの楽曲を、Leolaがカバーした「白いページの中に」に決定した。

■公開情報
『ホテルローヤル』
11月13日(金)TOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショー
出演:波瑠、松山ケンイチ、余貴美子、原扶貴子、伊藤沙莉、岡山天音、正名僕蔵、内田慈、冨手麻妙、丞威、稲葉友、斎藤歩、友近、夏川結衣、安田顕
監督:武正晴
脚本:清水友佳子
音楽:富貴晴美
主題歌:Leola「白いページの中に」(Sony Music Labels Inc.)
原作:桜木紫乃『ホテルローヤル』(集英社文庫刊)
製作:『ホテルローヤル』製作委員会
製作幹事:メ〜テレ、ファントム・フィルム
配給:ファントム・フィルム
(c)桜木紫乃/集英社 (c)2020 映画『ホテルローヤル』製作委員会
公式サイト:https://www.phantom-film.com/hotelroyal/

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる