個性豊かな家族が繰り広げる人間ドラマ カトリーヌ・ドヌーヴ主演『ハッピー・バースデー』公開へ

個性豊かな家族が繰り広げる人間ドラマ カトリーヌ・ドヌーヴ主演『ハッピー・バースデー』公開へ

 カトリーヌ・ドヌーヴ主演映画『Fete de famille(原題)』が、『ハッピー・バースデー 家族のいる時間』の邦題で2021年1月8日に公開されることが決定した。

 本作は、個性豊かな家族が繰り広げる、愛おしくもほろ苦い人間ドラマ。ドヌーヴが、問題だらけの家族を優しく見守る母親アンドレア役を演じる。トラブルメーカーの長女クレールを演じるのは、監督としても活躍するエマニュエル・ベルコ。芸術家肌の次男ロマン役を、『やさしい人』『冬時間のパリ』のヴァンサン・マケーニュが演じた。そしてしっかり者だが融通のきかない長男ヴァンサンを、監督を務めたセドリック・カーンが自ら演じる。

 『COLD WAR あの歌、2つの心』『おとなの恋の測り方』など数々の名作に出演してきたカーン監督だが、自作への出演はこれが初めて。また小説家として日本でも人気の高いレティシア・コロンバニ、新人ルアナ・バイラミらも出演する。

 夏のある日、フランス南西部の豊かな自然に囲まれた邸宅で、母アンドレアの70歳の誕生日祝いが開かれようとしていた。だが行方不明だった長女の突然の帰郷が、誕生会を大混乱へ導いていく。思い出の家をめぐる問題や複雑な親子関係、それぞれが抱える過去や秘密が次々に暴かれ、激しく感情をぶつけあう家族。過激で強烈、でもとっておきのユーモアと知性が漂うフランス流家族のめくるめく諍いが描かれる。

■公開情報
『ハッピー・バースデー 家族のいる時間』
2021年1月8日(金)より、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国順次ロードショー
監督:セドリック・カーン
出演:カトリーヌ・ドヌーヴ、エマニュエル・ベルコ、ヴァンサン・マケーニュ、セドリック・カーン
提供:東京テアトル/東北新社
配給:彩プロ/東京テアトル/STAR CHANNEL MOVIES
2019年/フランス/101分/5.1ch/シネマスコープ/カラー/原題:Fete de famille/英題:Happy Birthday
(c)Les Films du Worso
公式サイト:happy-birthday-movie.com

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる