カトリーヌ・ドヌーヴが実の娘と抱き合うシーンも 『アンティークの祝祭』予告編

カトリーヌ・ドヌーヴが実の娘と抱き合うシーンも 『アンティークの祝祭』予告編

 4月下旬に公開されるカトリーヌ・ドヌーヴ主演映画『アンティークの祝祭』の予告編が公開された。

 本作は、リンダ・ラトレッジの原作を、『やさしい嘘』『パパの木』のジュリー・ベルトゥチェリが脚本・監督を務め映画化した人間ドラマ。自身の終焉を察した主人公クレールが、半生を共にしてきたアンティークを処分することで浮かび上がる“劇的な人生”と“本当に遺したい思い”を描く。

 主人公クレールをドヌーヴが演じ、クレールの娘・マリーを、ドヌーヴの実娘であるキアラ・マストロヤンニが演じる。

映画『アンティークの祝祭』予告編

 公開された予告編は、「神様が教えてくれたの。今日私は死ぬと思うわ」というクレールの意味深な言葉からはじまる。次々と庭に運ばれ売られていくアンティークたち。その奇妙な行動を聞きつけ、20年ぶりに娘マリーが帰ってくる。不機嫌なクレール。2人の間に何があったのか。1人の女性の波瀾万丈の人生が歴史的なアンティークと共に描かれていく。

■公開情報
『アンティークの祝祭』
4月下旬より、シネスイッチ銀座ほか全国順次公開
監督・脚本:ジュリー・ベルトゥチェリ
原作:リンダ・ラトレッジ著『La derniere folie de Claire Darling』
出演:カトリーヌ・ドヌーヴ、キアラ・マストロヤンニ、アリス・タグリオーニ、ロール・カラミー、サミール・ゲスミ
配給:キノフィルムズ/木下グループ
(c)Les Films du Poisson – France 2 Cinema – Uccelli Production Pictanovo
2019/フランス/スコープサイズ/94分/カラー/フランス語/DCP/5.1ch
公式サイト:clairedarling.jp

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる