『ワンダーウーマン 1984』12月25日に公開延期 アメリカ本国の公開日変更に伴い

 10月9日に公開を予定していたDC映画最新作『ワンダーウーマン 1984』が、12月25日に公開延期となることが決定した。

 配給のワーナーブラザーズ合同会社は、「当初日本での公開を10月9日(金)と予定しておりましたが、新型コロナウイルス感染症の影響による、アメリカ本国の公開日変更(10/2⇒12/25)に伴いまして、日本での公開を12月25日(金)へ変更することに決定致しました」とコメント。

 当初6月12日に公開予定だった本作だが、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、10月6日へ延期となっていた。今回が2度目の公開延期発表となる。2017年に公開され、大ヒットを記録した『ワンダーウーマン』の続編となる本作は、世界が破滅に向かっていく1984年を舞台に、ワンダーウーマン(ガル・ガドット)に立ちはだかる最強の敵・チーター(クリステン・ウィグ)や、死んだはずの最愛の恋人・スティーブ(クリス・パイン)が登場する。ワンダーウーマンが、かつてない戦いを前に破滅に向かう世界を救おうと奮闘する模様が描かれる。

■公開情報
『ワンダーウーマン 1984』
12月25日(金)日本公開
監督:パティ・ジェンキンス
出演:ガル・ガドット、クリスティン・ウィグ、クリス・パイン、ロビン・ライト
配給:ワーナー・ブラザース映画
(c)2019 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved TM & (c) DC Comics

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる