西寺郷太、A.B.C-Z主演映画『オレたち応援屋!!』に友情出演 「皆キョトンとしてました(笑)」

 A.B.C-Zが5人揃って初主演を務める映画『オレたち応援屋!!』。本作の原案となっている舞台『ABC座2016 株式会社応援屋!!~OH&YEAH!!~』の脚本・音楽を担当した西寺郷太が本編に友情出演していることが発表された。

 本作は、A.B.C-Zが2012年より単独で座長を務める舞台“ABC座”の中でも、彼らの魅力と個性がひときわ輝いた第5作目『ABC座2016 株式会社応援屋!!~OH&YEAH!!~』を原案とした作品。『おっさんずラブ』(テレビ朝日系)の脚本を務めた徳尾浩司が、世界観はそのままにキャラクター設定などを一新し、新たな物語を紡ぐ。

 西寺は、日本屈指の音楽研究家として知られ、近年では特に80年代音楽の伝承者として多数のメディアに出演。1997年にバンドNONA REEVESでデビュー後、音楽プロデューサー、作詞・作曲家としても少年隊、SMAP、V6、YUKI、鈴木雅之、岡村靖幸、私立恵比寿中学、ヒプノシスマイクなど、数多くの作品・アーティストに携わっている。

 『ABC座2016 株式会社応援屋!!~OH&YEAH!!~』で西寺が手がけた楽曲はファンからも熱い支持を集めており、なかでも作詞・作曲を務めた「サポーターズ!」は、その後A.B.C-Zの4枚目のシングルに収録され、コンサートでも歌われるなど、長く愛され続けている。

 映画への友情出演にあたり、西寺は原案舞台の設定として“応援屋”を生み出した経緯について「“応援屋”構想スタートは、尊敬する錦織一清さんに『郷太、まず脚本を書く前に最初にテーマ曲を作って欲しい。ジャニーさんも音楽を一番大切にする人だから』と依頼されたこと。それで『サポーターズ!』を作ったんです。ジャニーさんも稽古に何度も足を運ばれ、アドバイスも頂きました。僕にとっても大切な想い出です」と語り、撮影の際のエピソードとして「映画の撮影日はたまたま僕の誕生日で。5人には黙って現場に行ったので皆キョトンとしてました(笑)」とコメントを寄せた。

 さらに、A.B.C-Zについて「舞台で『ジャニーズ伝説』を続けてきたことが大きいですが、歌って踊ってお芝居をして、という巨大な文化としての<ジャニーズの歴史>を純粋に体現しているグループに思える」と改めて彼らの魅力を語った。

西寺郷太 コメント

撮影を終えた感想

『応援屋』構想スタートは、尊敬する錦織一清さんに「郷太、まず脚本を書く前に最初にテーマ曲を作って欲しい。ジャニーさんも音楽を一番大切にする人だから」と依頼されたこと。それで「サポーターズ!」を作ったんです。ジャニーさんも稽古に何度も足を運ばれ、アドバイスも頂きました。僕にとっても大切な想い出です。
映画の撮影日はたまたま僕の誕生日で。5人には黙って現場に行ったので皆キョトンとしてました(笑)。

A.B.C-Zの魅力

やっぱり舞台で「ジャニーズ伝説」を続けてきたことが大きいですが、歌って踊ってお芝居をして、という巨大な文化としての「ジャニーズの歴史」を純粋に体現しているグループに思えるので。少年隊に歌ってもらいたいなと僕が十数年あたためてきた「ONE MORE KISS」を前回の舞台『応援屋』で歌ってもらいましたが、A.B.C-Zだからこそピタッとハマったと思うので。感謝してます。
最近調子良い感じが伝わってきて嬉しい!

■公開情報
『オレたち応援屋!!』
10月23日(金)全国公開
出演:橋本良亮、戸塚祥太、河合郁人、五関晃一、塚田僚一(A.B.C-Z)
小島藤子、井上瑞稀(HiHi Jets/ジャニーズJr.)、猪狩蒼弥(HiHi Jets/ジャニーズJr.)、林蓮音(Jr.SP/ジャニーズJr.)、和田優希(Jr.SP/ジャニーズJr.)、鈴木舜映(ジャニーズJr.)、鈴木大河(ジャニーズJr.)、ふせえり、真飛聖、国広富之
脚本:徳尾浩司
配給:東宝映像事業部
(c)2020映画「オレたち応援屋!!」製作委員会
公式サイト:oenya-movie.com
公式Instagram:https://www.instagram.com/oenya_official/
公式Twitter:https://twitter.com/oenya_official
公式Youtube:https://www.youtube.com/channel/UCFoJa6PNSX9kNLivQ1HIABQ

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる