『私たちはどうかしている』第5話より吉沢悠演じる怪しい人物が登場 観月ありさと何か関係が?

『私たちはどうかしている』第5話より吉沢悠演じる怪しい人物が登場 観月ありさと何か関係が?

 毎週水曜22時より日本テレビ系で放送中の水曜ドラマ『私たちはどうかしている』。9月9日放送の第5話より、吉沢悠が出演することが決定した。

 浜辺美波と横浜流星がW主演を務める本作は、『BE・LOVE』(講談社)で連載中で、累計発行部数200万部を超える安藤なつみの同名漫画をドラマ化する“ラブミステリー”。15年前に起こった老鋪和菓子屋「光月庵」主人の殺害事件を巡り、過酷な運命に翻弄されながらも惹かれ合う、浜辺演じる可憐で才能にあふれる和菓子職人・花岡七桜と、横浜演じる創業400年の老舗和菓子屋のクールな跡取り息子・高月椿の姿を描く。

 吉沢が演じるのは、地元の有力者である市議会議員の溝口真之介。夕子が営む小料理屋を突然訪れた今日子(観月ありさ)と、たまたま客として現れた溝口との会話からは、2人の浅からぬ仲が伺える。果たして、15年前の当主殺害事件との関係は。

 吉沢からは「15年前の、世間に知られてはいけない『光月庵の秘密』を知る市議会議員の溝口真之介として、ストーリーのラストまで掻き乱して行きますよ!! 高月今日子役の観月ありささんと、オトナの怪しい雰囲気で、若い2人の恋路にお邪魔して行きたいと思います。乞うご期待ください」とコメントが寄せられている。

■放送情報
『私たちはどうかしている』
日本テレビ系にて、毎週水曜22:00〜放送
出演:浜辺美波、横浜流星、高杉真宙、岸井ゆきの、和田聰宏、岡部たかし、前原滉、草野大成、山崎育三郎、須藤理彩、中村ゆり、鈴木伸之、佐野史郎、観月ありさ
原作:安藤なつみ『私たちはどうかしている』(講談社『BE・LOVE』連載)
脚本:衛藤凛
演出:小室直子、猪股隆一
音楽:出羽良彰
チーフプロデューサー:西憲彦
プロデューサー:鈴間広枝、松山雅則(トータルメディアコミュニケーション)
制作協力:トータルメディアコミュニケーション
製作著作:日本テレビ
(c)日本テレビ
公式サイト:www.ntv.co.jp/watadou
公式Twitter:@watadou_ntv
公式Instagram:@watadou_ntv

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマ情報」の最新記事

もっとみる