山崎育三郎&高杉真宙、浜辺美波を取り巻くキーパーソンに 『わたどう』横浜流星の過去も明らかに

山崎育三郎&高杉真宙、浜辺美波を取り巻くキーパーソンに 『わたどう』横浜流星の過去も明らかに

 「俺の見ている世界をあんたにも見てもらう」。茶会に出すお菓子づくりを助けると名乗り出た七桜(浜辺美波)に対して、茶会の作法について手ほどきをしながら椿(横浜流星)が言った言葉だ。

 『私たちはどうかしている』(日本テレビ系)第3話は、この言葉が象徴しているように、椿と大旦那の宗寿郎(佐野史郎)との確執、亀裂が生じる原因になったかつての出来事や、亡き父との思い出についてなど、椿の知られざる過去や傷が本人の口から語られた回だった。

 また、七桜を取り巻くキーパーソンたちの全貌も徐々に見えてきた。まず、ラストに大どんでん返しが待ち受けていたのは、殺伐とした光月庵内で七桜にとって癒しの存在となっていた見習い職人・城島(高杉真宙)の正体。冒頭で七桜の頭上から壺が落ちてくるが、あれもてっきり今日子(観月ありさ)の差し金かと思いきや、どうやら城島が自分の意志でやったことのようだ。

 厨房でも七桜に気さくに話しかけ、距離も近く七桜から無防備な笑顔を引き出す城島の姿に椿がヤキモチを嫉く一面も見られた。椿の中で七桜の存在がどんどん大きくなるにつれ、椿が焦り苦しむ姿を見たいという城島の中でも七桜の略奪計画がどんどん進行し、どうやら次話ではこの三角関係がヒートアップしていくようだ。色んな人間の憎悪が渦巻く光月庵だが、城島はなぜそこまで椿のことを目の敵にするのか。

 このとんでもない裏の顔を持つ城島は高杉にとって打ってつけの役どころだろう。爽やかで、どこをどうとっても好青年、人懐っこさも兼ね備え相手に警戒心を抱かせない“可愛がられ”キャラがよく似合う。落差があればあるほど、黒幕が意外な人物であればあるほど、相手に与えるダメージは大きくなる。毎話話題になっている観月ありさ演じる女将の悪女っぷりにも引けをとらぬ、底知れない二重人格ぶりを覗かせた。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマシーン分析」の最新記事

もっとみる