カーレースのトラブルも解決!? 映画『パウ・パトロール』日本語吹替版で11月公開へ 

カーレースのトラブルも解決!? 映画『パウ・パトロール』日本語吹替版で11月公開へ 

 映画『パウ・パトロール カーレース大作戦 GO! GO!』が、日本語吹替版で11月13日より全国のイオンシネマ(※一部劇場除く)にて公開されることが決定し、あわせて予告編とポスタービジュアルが公開された。

 本作は、テレビ東京系6局ネットにて、毎週日曜7時から放送中のキッズ向けアニメーション番組『パウ・パトロール』の映画版。『パウ・パトロール』は、「レスキュー・アクション・アドベンチャー」をテーマに、2013年北米での放送開始以降、世界160以上の国や地域で放送され、日本でも2019年4月から日本語吹替版の放送が開始された。

 主人公・ケントと、7匹の子犬たちからなるチーム「パウ・パトロール」。彼らの住むアドベンチャー・ベイでおこったさまざまなトラブルに、ポリスカー(警察車両)をのりこなすチェイス、ファイヤートラック(消防車)のマーシャル、パワーブルドーザーのラブルなど、それぞれが、力をあわせて立ち向かい、大活躍を繰り広げる。

 『パウ・パトロール カーレース大作戦 GO! GO!』では、カーレース“アドベンチャーベイ・グランプリ”の決勝戦のために、パウ・パトロールはマシンの整備をするピットクルーになり、レース中のトラブルを解決。しかし、そこにライバール市長とニャンパトロールが登場して、何やらズルい作戦を立てている。大人気レーサーのヒューンがレースの途中、トラブル発生で運転ができなくなる。そんなヒューンの代わりにレースに出場することになったのは、なんとマーシャルだった。

 公開されたポスタービジュアルでは、パウ・パトロールがそれぞれのビークルに乗ってレーストラックをかけめぐる様子が切り取られている。

映画『パウ・パトロール カーレース大作戦 GO! GO!』予告編

 あわせて公開された予告編では、ピットクルーとしてパウ・パトロールが活躍する様子や、ヒューンの代わりにマーシャルがレースに出場するシーンが描かれている。

Arrow
Arrow
ArrowArrow
Slider

■公開情報
『パウ・パトロール カーレース大作戦 GO! GO!』
11月13日(金)全国イオンシネマにてロードショー(※一部劇場除く)
出演:石上静香、小市眞琴、井澤詩織、松田颯水、小堀幸、矢作紗友里、潘めぐみ
監督・脚本:Charles E. Bastien
原作:スピンマスター
制作協力:ニコロデオン
日本語版製作:パウ・パトロール製作委員会
配給:イオンエンターテイメント
原題:Paw Patrol: Ready, Race, Rescue!/2019/アメリカ/英語/48分/カラー
(c)Spin Master Ltd. TMPAW PATROL and all related titles, logos, characters; and SPIN MASTER logo are trademarks of Spin Master Ltd. Used under license. Nickelodeon and all
related titles and logos are trademarks of Viacom International Inc.

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる