『SUITS/スーツ2』織田裕二VS吉田鋼太郎の直接対決へ 過去の因縁の理由も明らかに

『SUITS/スーツ2』織田裕二VS吉田鋼太郎の直接対決へ 過去の因縁の理由も明らかに

 甲斐(織田裕二)が弁護士資格剥奪のピンチに陥ったコースタル・モーターズ訴訟の案件は和解というかたちで落ち着き、今度は上杉(吉田鋼太郎)が仕掛けたファームのトップ争いの火蓋が切って落とされたフジテレビ系列月9ドラマ『SUITS/スーツ2』。8月31日放送の第8話では、過去に上杉がファームを追われた理由がついに明かされるとともに、これから先に待ち受けているシニアパートナーによる投票に向けた華麗な一撃が炸裂するエピソードとなった。

 前回のエピソードで和解に応じるべきか悩んでいた甲斐に厳しい言葉をぶつけた大輔(中島裕翔)は、甲斐にそのことを謝る。すると甲斐は、上杉が休職した頃にファームを辞めたアソシエイト弁護士の尾形(松本若菜)を探し出すように命じるのだ。遡ること数年前、まだアソシエイトだった甲斐は幸村(鈴木保奈美)から依頼され、ジュニアパートナーへの昇格を条件にファーム内の横領事件の犯人を探すこととなる。口座を管理していた尾形のパソコンから情報を得た甲斐は、玉井(中村アン)のゴシップ好きの助けを借りて、上杉のある秘密にたどり着くのである。

 「一体上杉が過去に何をやらかしたのか」。それがこのSeason2におけるひとつの肝であったことは言うまでもない。甲斐と幸村との間に生まれた確執の原因は、ファームの金を横領していたことと、尾形との不倫であったというわけだ。横領の事実が発覚したとき、がんで余命幾ばくもない妻の治療のために横領したと告白する上杉に、幸村は同情してファームが一時的に肩代わりをするというかたちで見逃すことを考える。しかし、妻の治療に立ち会っているはずの日に上杉が尾形と密会していることに気付いた甲斐は、かなり攻撃的な手段で退職願を突きつけたのだ。この一連のやり取りだけでも、上杉の私欲にまみれた人間性が(もちろん甲斐の“勝ち”にこだわる姿勢も)垣間見えることだろう。

 また今回のエピソードでは、そんな過去の出来事と同時に現在の、つまりファームのトップ争いに向けたある動きが見られる。父親の墓参りに出かけた甲斐の代わりに尾形と会った大輔は、不当解雇としてファームを訴えるように持ちかけるのだ。実はこれはかなり回りくどい作戦であったようで、その様子を蟹江(小手伸也)に見せることで、蟹江は上杉に報告する。それに逆上した上杉が幸村に怒鳴り込み、幸村は大輔に「尾形と会っていたこと」を理由にクビを言い渡す。そこで大輔が、大勢がいる前で上杉の過去について口をすべらせてしまうことで、ファーム内に上杉の悪い噂を呼び起こすという流れだ。大輔も思わず「わかりづらい」と呟くほどややこしい、幸村と大輔の連携プレーが、投票にどんな影響を与えることになるのか。そして甲斐の願い通り玉井(中村アン)を復帰させることができるのか。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマシーン分析」の最新記事

もっとみる