綾野剛の“走り姿”が『MIU404』もたらすもの 身体で表現する物語の大きな展開

綾野剛の“走り姿”が『MIU404』もたらすもの 身体で表現する物語の大きな展開

 綾野剛の疾走する姿が印象的な『MIU404』(TBS系)。これが本作における、見どころの一つともなっている。ひょっとすると彼に影響を受けて、路上に飛び出している方もいたりするのではないだろうか。それほどまでに彼の“走り姿”は、強い影響力を持っているように思えてならないのだ。

 “空前のマラソンブーム”が巻き起こってから久しい。ところがこの環境下、いままた小さなブームを迎えているように思う。緊急事態宣言が発令された4月、私たちは自宅にて極力外出を控える生活を余儀なくされたわけだが、それでも、生活必需品や食料の買い出し、健康維持のための運動など、最低限の外出は許されていた。そこで増えたのが、“市民ランナー”である(もちろん、地域差はあるだろう)。日頃からジョギングが日課の筆者は、日を追うごとに増えていくランナーの数を肌で感じた。宣言解除以降の現在は減ったように思うが、それでも、平時のときと比べると多いように思う。その走るフォームや身につけているウェアを見れば、ベテランなのか新人かどうかは一目瞭然だ。運動不足の人にとってジョギングこそ、やはり一番身近で挑戦しやすいスポーツなのだろう。動きやすい服とシューズさえあればいいのだ。

 そんななか、放送延期の末に6月26日より満を持してスタートした『MIU404』。本作で綾野が演じる伊吹藍の衣装には驚いた。彼は刑事でありながら、身につけているのはスウェット素材などのものばかり。そのうえ足元には、かの有名な「ズームX ヴェイパーフライ ネクスト%」が光っている。今年の箱根駅伝では出場選手のほとんどが着用していたという、ナイキの厚底ランニングシューズだ。これを履いて登場してきた伊吹に対し、「あ、この人ホンモノだ……」と思ったものである。

 その理由はもちろん、このシューズを履く者の大多数が一流のランナーだからだ。なにせこのシューズは「ナイキ史上最速シューズ」ともいわれ、一時は「大会での着用禁止」との声が上がり、騒動になったくらいである。聞けばこの伊吹という男、「足が速い」人物だというではないか。本作『MIU404』が“刑事モノ”であること以外の事前情報なしに視聴し始めたが、これには俄然テンションが上ってきたものだ。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アクター分析」の最新記事

もっとみる