『アンサング・シンデレラ』徳永えりが薬に依存する母親役で熱演 田中圭演じる瀬野はどうなる!?

『アンサング・シンデレラ』徳永えりが薬に依存する母親役で熱演 田中圭演じる瀬野はどうなる!?

 瀬野(田中圭)にガンが見つかり、余命3カ月であることが発覚する。みどり(石原さとみ)はそれを知り、瀬野に最後まで治療をしてほしいと願った。『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』(フジテレビ系、以下『アンサング・シンデレラ』)の第9話では、瀬野の病状と、オーバードーズで運ばれてきた患者・若月陽菜(徳永えり)のエピソードが描かれる。

 瀬野の抱える病は遺伝性の重複がんという完治の難しいものであった。祖母と母を同じ病気で亡くした瀬野は、自身も母と同じように最期まで薬で痛みを抑えながら仕事を続けたいと考えていた。だが、みどりは瀬野に、どんなに無様でもいいから生きることにしがみついてほしいと訴える。

 さらに第9話では、抗不安薬の多量摂取がやめられない陽菜を、治療に向き合わせるまでのみどりの奮闘が描かれる。毎週様々な患者と接してきたみどりであったが、陽菜は今まで以上に接するのが難しい患者であり、ドラマで描かれるシーンも衝撃的なものが多かった。陽菜が大量の薬を口に含みみどりに向かって吐き出すシーンや、他の患者の食事を投げ落として薬を奪おうとする様子など、ショッキングな姿が描き出される。

 母親になると同時に夫が多忙になり、ワンオペ育児に疲れ果てた結果、育児ノイローゼで薬物依存になるという、現代の日本では目を背けられない現実によって引き起こされた陽菜の悲劇は、絵面の衝撃だけでなく多くの女性にとって“他人事”ではない深刻さを感じさせただろう。健康であった頃の娘との写真をたびたび見返す陽菜の姿に、薬物依存から抜け出すことの難しさと、その治療には家族の支えがいかに重要であるかが浮き彫りとなる。シビアな役であったが、徳永の好演で訴えかけるべきメッセージが強く伝わる放送回となった。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマシーン分析」の最新記事

もっとみる