北村匠海主演映画『とんかつDJアゲ太郎』“バイブス編”特別映像公開 タワーレコードとのコラボも

 10月30日公開の北村匠海主演映画『とんかつDJアゲ太郎』とTOWER RECORDS(TOWER VINYL)のコラボレーションのスタートが決定。あわせて、コラボポスターと特別映像が公開された。

 『少年ジャンプ+』(集英社)で連載後、ネット上で絶大な支持を集めた同名漫画を実写化した本作。東京・渋谷の片隅にある老舗とんかつ屋「しぶかつ」の跡取り息子・勝又揚太郎は弁当の配達ではじめて訪れた渋谷のクラブで、音楽にあわせ盛り上がるフロアにこれまでにない高揚感を体感する。お調子者のアゲ太郎は“とんかつ”も“フロア”もアゲれる男「とんかつDJアゲ太郎」を目指す。

 主演の北村はアゲ太郎を演じ、アゲ太郎が憧れる見習いスタイリスト・苑子役を山本舞香、アゲ太郎のライバルともなる気鋭の大人気DJ屋敷蔵人役を伊藤健太郎が演じるほか、伊勢谷友介、加藤諒、浅香航大、栗原類、前原滉が出演。『SLUM-POLIS』『チワワちゃん』の二宮健が監督を務める。なお、主題歌にはブルーノ・マーズの「ラナウェイ・ベイビー」が決定し、本編ではマルーン5「Sugar」、ジャスティス「D.A.N.C.E.」、ザ・ケミカル・ブラザーズ「Star Guitar」といった誰もが聴いた事のある往年の名曲から新曲まで67曲が登場する。

 今回コラボすることになった「TOWER VINYL」は、大手CDショップチェーンTOWER RECORDSが運営するアナログ専門店。そんな「TOWER VINYL」とのコラボは、“ニクの日”であるとともに、「RSD Drops」のスタート日でもある8月29日からスタートする。

 2008年からレコードストアの文化を祝い、宣伝し、独立した小売店舗を活性化し、フィジカルメディアを手にするよろこびや音楽の楽しさを共有する、年に一度の祭典でもあった「RECORD STORE DAY」。2020年は、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、8月29日、9月26日、10月24日の3カ月にわたりアイテムをドロップされる「RSD Drops」と名称を変更して開催されるイベントとなっている。

 さらに同日からは、全国のTOWER RECORDSにコラボポスターが掲出されるとともに、特設サイトも公開。特設サイトでは、北村をはじめ、伊藤、山本、ブラザートムのおすすめのアルバムが紹介されている。

北村匠海主演映画『とんかつDJアゲ太郎』15秒CM(バイブス編)

 「バイブスがヤバーイ」というアゲ太郎の叫びから始まる特別映像では、「豚を揚げるか、フロアをアゲるかに大した違いはねえ!」「とんかつもフロアもアゲられる男になる」という決意の台詞とともに、本編映像が映し出されている。

■公開情報
『とんかつDJアゲ太郎』
10月30日(金)全国ロードショー
出演:北村匠海、山本舞香、伊藤健太郎、加藤諒、浅香航大、栗原類、前原滉、池間夏海、片岡礼子、ブラザートム、伊勢谷友介
原作:『とんかつDJアゲ太郎』原案:イーピャオ/漫画:小山ゆうじろう(集英社ジャンプ・コミックス刊)
監督・脚本:二宮健
脚本協力:喜安浩平
配給:ワーナー・ブラザース映画
(c)2020イーピャオ・小山ゆうじろう/集英社・映画「とんかつDJアゲ太郎」製作委員会
公式サイト:agaru-movie-tda.jp
公式Twitter:@tonkatsuDJmovie

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる