絵本作家ジュディス・カーの自伝的小説を映画化 『ヒトラーに盗られたうさぎ』11月公開へ

絵本作家ジュディス・カーの自伝的小説を映画化 『ヒトラーに盗られたうさぎ』11月公開へ

 絵本作家ジュディス・カーの自伝的小説を映画化した『When Hitler Stole Pink Rabbit(原題)』が、『ヒトラーに盗られたうさぎ』の邦題で11月に公開されることが決定した。

 『おちゃのじかんにきたとら』など、シンプルで味わいのあるイラストで世界中の子供や大人も夢中にしてきた世界的絵本作家ジュディス・カー。本作は、惜しくも2019年5月に95歳で亡くなった彼女が、自身の少女時代の体験をもとに書いた自伝的小説『ヒトラーにぬすまれたももいろうさぎ』を映画化したもの。

 監督を務めたのは、『名もなきアフリカの地で』で第75回アカデミー賞外国語映画賞を受賞したカロリーヌ・リンク。2019年クリスマスにドイツで公開された際には、『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』『アナと雪の女王』『ジュマンジ/ネクスト・レベル』などハリウッド超大作がひしめく中、初登場4位にランクインし、公開初日からわずか4日間で約1.8億円の興収を記録した。

 1933年2月。ベルリンに住む9歳のアンナは、兄のマックスや友人とともにカーニバルを楽しんでいた。しかし、同じ夜、クラシックのコンサートに行く準備をしていたはずの両親はなぜか出掛けないまま、深刻な顔で話し込んでいた。そして翌朝アンナは「家族でスイスに逃げる」と母から突然告げられる。実は、新聞やラジオでヒトラーへの痛烈な批判を展開していた辛口演劇批評家だった父はユダヤ人であったため“次の選挙でヒトラーが勝ったらヒトラー反対者への粛清が始まる”という忠告を受けており、選挙が近づきヒトラーの勝利が現実味を帯びてくるにつれ、身の危険を感じた父と母はヒトラーの弾圧から逃れるために密かに逃避行の準備を始めていた。住み慣れた家を離れる際「持ち物は一つだけ」と母に告げられたアンナは、大好きな“ピンクのうさぎのぬいぐるみ”、そしてお手伝いさんのハインピー、食卓、書斎、ピアノ、台所など、一つひとつに別れを告げる。そしてそれは、それまで何不自由なく暮らしていた彼女の平和な家族の風景が一変、この日を境に過酷な逃亡生活へと足を踏み入れていく始まりでもあった。

 主役である9歳のアンナ役を務めたのは、1000人ものスカウトから見出された新人のリーヴァ・クリマロフスキ。『帰ってきたヒトラー』でヒトラー役を演じたオリヴァー・マスッチがアンナの父、『ブレードランナー 2049』のカーラ・ジュリがアンナの母役を務める。また、アンナとその家族を常に気に掛ける心優しいユリウスおじさんを、『お名前はアドルフ?』のユストゥス・フォン・ドホナーニ、アンナの兄マックスを、『はじめてのおもてなし』のマリヌス・ホーマンが演じる。

■公開情報
『ヒトラーに盗られたうさぎ』
11月、シネスイッチ銀座ほか全国順次公開
監督:カロリーヌ・リンク
脚本:カロリーヌ・リンク、アナ・ブリュッゲマン
出演:リーヴァ・クリマロフスキ、オリヴァー・マスッチ、カーラ・ジュリ
配給:彩プロ
2019年/ドイツ/ドイツ語/カラー/スコープサイズ/5.1chステレオ/119分/原題:When Hitler Stole Pink Rabbit/映倫:G
(c)2019SOMMERHAUS FLIMPRODAKTION GMBH/LA SIALA ENTERTAINMENT GMBH / NEXTFILM FILMPRODAKTION GMBH&CO.KG/WARNER BROS.ENTERTAINMENT GMBH

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる