ダニエル・オートゥイユ、リュディヴィーヌ・サニエも出演 『家なき⼦ 希望の歌声』公開決定

 フランス映画『Remi sans famille(原題)』が、『家なき⼦ 希望の歌声』の邦題で11⽉20⽇より公開されることが決定し、ポスターと予告編が公開された。

 本作は、19世紀に発表され、⽇本でも3度にわたりアニメ化されて親しまれてきた児童⽂学を映画化したもの。11歳の少年レミは、南仏の農村で優しいママと貧しいながらも幸せに暮らしていた。ところが⻑い間パリへ出稼ぎに出ていた義父によって旅芸人の親方ヴィタリスに売り飛ばされてしまう。だが、情の深い親方に歌の才能を見いだされ、犬のカピ、猿のジョリクールと親交を深めながら、懸命に旅を続けるレ
ミ。さまざまな出会いや困難が渦巻く冒険の果てに、待ち受ける運命とは。

 美しい歌声も披露するレミ役のマロム・パキンは撮影当時11歳で、オーディションで⾒いだされた。『八日目』『隠された記憶』のダニエル・オートゥイユ、『スイミング・プール』『真実』のリュディヴィーヌ・サニエも出演している。

 公開されたポスターでは、南フランスの壮⼤で美しい⾃然と鮮やかな⻘空をバックに、レミ、親⽅ヴィタリス、猿のジョリクール、⽝のカピが⼀丸となって旅に出る様⼦が描かれている。

映画『家なき⼦ 希望の歌声』予告編

 本作の⽇本語吹替版には、レミの声に『ライオン・キング』でシンバの声を担当した熊⾕俊輝が抜擢。親⽅ヴィタリスの声を、『X-MEN2』などのヒュー・ジャックマンや『インファナルアフェア』のトニー・レオンなどの吹き替えを担当してきたベテラン⼭路和弘が担当する。彼らの声を聞くことができる予告編では、レミの出⽣の秘密から波乱万丈の壮⼤な旅が描かれる。動物たちとの触れ合い、同世代の⼥の⼦との束の間の⼼穏やかな時間、そして何より旅芸⼈の⼀座の強い絆と、親⽅が気付かせてくれたレミの歌の⼒が映し出されている。

Arrow
Arrow
ArrowArrow
Slider

■公開情報
『家なき⼦ 希望の歌声』
11⽉20⽇(⾦)よりYEBISU GARDEN CINEMA、109シネマズ⼆⼦⽟川ほか全国ロードショー
監督・脚本:アントワーヌ・ブロシエ
出演:ダニエル・オートゥイユ、マロム・パキン、ヴィルジニー・ルドワイヤン、ジョナサン・ザッカイ、ジャック・ペラン、リュディヴィーヌ・サニエ
配給:東北新社、STAR CHANNEL MOVIES
後援:在⽇フランス⼤使館、アンスティチュ・フランセ⽇本
原題:Remi sans famille/2018 年/フランス/フランス語/109分/カラー/シネスコ/5.1ch
(c)2018 JERICO – TF1 DROITS AUDIOVISUELS – TF1 FILMS PRODUCTION – NEXUS FACTORY – UMEDIA
公式サイト:ienakiko-movie.com
公式Twitter @ienakiko_movie

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる