成田凌、大倉忠義への“打ち上げキス”の秘話明かす 「こっそりとやったのがよかった(笑)」

成田凌、大倉忠義への“打ち上げキス”の秘話明かす 「こっそりとやったのがよかった(笑)」

 9月11日公開の映画『窮鼠はチーズの夢を見る』の夏休み限定イベントが、8月26日にスペースFS汐留で行われ、主演の大倉忠義、成田凌、行定勲監督が登壇した。

 『ナラタージュ』『リバーズ・エッジ』『劇場』の行定監督がメガホンを取った本作は、水城の漫画『窮鼠はチーズの夢を見る』『俎上の鯉は二度跳ねる』を実写映画化した人間ドラマ。 受け身の恋愛ばかりを繰り返してきた大伴恭一(大倉忠義)は、ある日、後輩の今ヶ瀬渉(成田凌)と7年ぶりに再会する。「ずっと好きだった」という渉からの一途なアプローチに振り回されていくうちに、やがて恭一は胸を締め付けるほどの恋の痛みに翻弄されていく。

 同性愛を扱った本作。女性のアプローチを拒めない“流され侍”恭一を演じた大倉は、役作りについて聞かれると、「あまり家で考えることもなかったです。それぞれが恭一に向かって事件を起こしてくれるんですよね。それにリアクションをしていけば自然と“流され”るんだと思って。ただ、監督との会話の中で、どういった恭一像なのか感じられるためにフラットでいようとしていました」と明かす。

成田凌

 成田演じる今ヶ瀬に惹かれていく恭一。「観た人は、純粋に今ヶ瀬の表情が可愛いと感じると思う」「映画を観ていて、こんなに(目が)ウルウルしていたのかと思いました」と大倉はコメント。

 ウルウル目の秘訣について問われると、成田は「いろんな人に目が濡れていると言われるんですよね。本番前に『ウッ!』『潤え!』と目をつぶることですね(笑)。本当ですよ(笑)」と語ると、「『目薬を差すか』って言ってたもんね(笑)」と行定監督は撮影裏を明かした。

大倉忠義

 また、今ヶ瀬が恭一に耳かきをするシーンに話題が移ると、大倉は「気持ちよかったですよ」と成田に耳かきをされていた際の感想を語る。すると、成田は「いや、嘘です! そんなこと思ってないですよ」と反応。すると、大倉も「成田くんが、めちゃめちゃ怖がって優しくやってくれました(笑)」とすかさず返す。成田は「(耳かきは)下手ですね。『やることないんだろうな、一生』と思いました。すごく疲れました。一番撮影で疲れたかもしれない」と意外な苦労が発覚した。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「レポート」の最新記事

もっとみる