有村架純、高良健吾、井口理、アイナ・ジ・エンドら、『窮鼠はチーズの夢を見る』に絶賛コメント

有村架純、高良健吾、井口理、アイナ・ジ・エンドら、『窮鼠はチーズの夢を見る』に絶賛コメント

 9月11日公開の映画『窮鼠はチーズの夢を見る』に、著名人が絶賛コメントを寄せた。

 『ナラタージュ』『リバーズ・エッジ』『劇場』の行定勲が監督を務めた本作は、水城の漫画『窮鼠はチーズの夢を見る』『俎上の鯉は二度跳ねる』を実写映画化した人間ドラマ。

 受け身の恋愛ばかりを繰り返してきた大伴恭一(大倉忠義)は、ある日、後輩の今ヶ瀬渉(成田凌)と7年ぶりに再会する。「ずっと好きだった」という渉からの一途なアプローチに振り回されていくうちに、やがて恭一は胸を締め付けるほどの恋の痛みに翻弄されていく。

 今回、本作をいち早く鑑賞した、ロックバンド・King Gnuでボーカル兼キーボードを担当している井口理や、有村架純、高良健吾、アイドルグループ・BiSHのメンバーであるアイナ・ジ・エンドら11名の著名人からコメントが到着した。

コメント

井口理(King Gnu)

「本当に大切な人は誰?」その自問自答に、同じ答えを出し続けることは出来るんだろうか。
この作品は、あなた自身の「ラブストーリー」を浮かび上がらせる。

有村架純

一筋縄にいかない人間の性は愚かさをも暴く。
めきめきと皮が剥がれていくそれも、恋愛の醍醐味なのかもしれない。

高良健吾

素直で誠実な身勝手さがここまで沁みるのは恭一と渉の間にあるなにか。
僕は2人のカタチに胸が震えました。
ぜひ劇場で確かめてほしいです。

アイナ・ジ・エンド(BiSH)

濡れたような声色と、薄暗い青、睨みつけるくせに優しく溶け込んでくる言葉たち。
瞬きをするのが勿体無い映画でした。
スナック菓子を貪る男性二人の他愛ない色気を忘れられません。

宇野維正(映画ジャーナリスト)

理性と本能。信頼と裏切り。人間の美しさと醜さ。
『窮鼠はチーズの夢を見る』は、恋愛映画が最高のサスペンス映画でもあることを思い出させてくれる。

相田冬二(映画批評家)

この作品は、あなた自身の「ラブストーリー」を浮かび上がらせる。
観る者の人生が見透かされる、ためいきが漏れるような恍惚。
21世紀最良の恋愛映画が、ここにある。

カツセマサヒコ(ライター/小説家)

誰にも知られたくなかった感情が、とうとう描かれてしまった。
流される恋に共感するたび、古傷が痛んで膿んで吐きそうになる。

岩井俊二(映画監督)

例外探し。
恋愛とは、ただひとりの例外を探す旅路なのかも知れない。

■公開情報
『窮鼠はチーズの夢を見る』
9月11日(金)より、TOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショー
出演:大倉忠義、成田凌、吉田志織、さとうほなみ、咲妃みゆ、小原徳子
原作:水城せとな『窮鼠はチーズの夢を見る』『俎上の鯉は二度跳ねる』(小学館『フラワーコミックスα』刊)
監督:行定勲
脚本:堀泉杏
配給:ファントム・フィルム
(c)水城せとな・小学館/映画「窮鼠はチーズの夢を見る」製作委員会/R15
公式サイト:http://www.phantom-film.com/kyuso/
公式Twitter:https://twitter.com/kyuso_movie

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる