ダミアン・マニヴェル『イサドラの子どもたち』予告編 伝説のダンサーに導かれた孤独な魂たち

ダミアン・マニヴェル『イサドラの子どもたち』予告編 伝説のダンサーに導かれた孤独な魂たち

 『若き詩人』『泳ぎすぎた夜』のダミアン・マニヴェル監督最新作『イサドラの子どもたち』の予告編と場面写真が公開された。

 9月26日より公開となる本作は、モダンダンスの始祖として知られるイサドラ・ダンカンの遺したダンス「母」から生まれた、3つの喪失と再生の物語。20 世紀初頭、舞踊の世界に革命を起こした彼女は、1913年4月、2人の子どもを事故で亡くし、その痛みに苦しみながら、亡き子どもたちに捧げるソロダンス「母」を創り上げた。それから100年の時を経て、現代に生きる4人の女性がイサドラの「母」と邂逅する。

 『若き詩人』『泳ぎすぎた夜』が話題を呼んだフランスの俊英マニヴェルが、まったく新しい試みで「母」の翻案に挑み、イサドラと子どもたちの物語を紡ぎ上げた。物語を綴るのは、それぞれ異なる身体/年齢/境遇にある4人の女たち。イサドラの自伝と舞踊譜をもとに「母」の踊りと向き合う、振付師のアガト。対話を通じて新しい「母」を共作する若きダンサーのマノンと振付師のマリカ。そして「母」の公演を観劇したエルザは、自らと重ね合わせながら今夜の記憶を反芻する。第72回ロカルノ国際映画祭にて最優秀監督賞を受賞した。

映画『イサドラの子どもたち』予告編

 公開された予告編では、「私の悲しみが、太古より眠るダンスを目覚めさせる」というイサドラ・ダンカン自身の言葉から始まり、様々な立場にいる4人の女性たちが、自分の表現でイサドラのダンスを吸収していく様子が映し出されていく。

Arrow
Arrow
ArrowArrow
Slider

■公開情報
『イサドラの子どもたち』
9月26日(土)より、シアター・イメージフォーラムほか全国順次公開
監督:ダミアン・マニヴェル
脚本:ダミアン・マニヴェル、ジュリアン・デュードネ
撮影:ノエ・バック
編集:ドゥニア・シショフ
サウンド:ジェローム・プティ、シモン・アポストル
製作:マルタン・ベルティエ、ダミアン・マニヴェル
出演:アガト・ボニゼール、マノン・カルパンティエ、マリカ・リッジ、エルザ・ウォリアストン
配給:コピアポア・フィルム
2019年/フランス・韓国/84分/ビスタ/5.1CH/カラー/DCP/原題:Les Enfants d’Isadora
公式サイト isadora-2020.com

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる