Netflix『日本沈没2020』の“劇場編集版”公開へ 湯浅政明監督自らの手による編集で再構築

 7月9日よりNetflixで配信開始された『日本沈没2020』が 、『日本沈没2020 劇場編集版 -シズマヌキボウ-』 として11月13日に全国劇場公開されることが決定し、あわせてポスタービジュアルが公開された。

 『日本沈没2020』は、小松左京の小説『日本沈没』を、『夜は短し歩けよ乙女』『夜明け告げるルーのうた』『DEVILMAN crybaby』の湯浅政明監督がアニメ化したもの。“国が失われゆく人々のアイデンティティ”という1973年に刊行された原作のテーマを残しつつ、2020年現在の日本を舞台に、未曾有の事態をごく普通の家族の目線で描く。Netflix配信後には、国内視聴ランキングのNo.1を記録した。

 『日本沈没2020 劇場編集版 -シズマヌキボウ-』では、配信時全10話だったストーリーを、劇場版として湯浅監督の手による編集で再構築。5.1chの劇場仕様の音響とともに、映画作品として新たに生まれ変わった。

 あわせて公開されたポスタービジュアルは、配信時の、大災害の中を生き抜く、ごく普通の家族・武藤家にフォーカスをあてたビジュアルから一転、沈没した国土の先に、朝日とともにそびえる富士山が切り取られている。

 湯浅監督からは、「1話のダビングの時に5.1chで作られた音が心地良くて、これはいい環境で見ないともったいないと思うようになりました。配信が開始されると内容に非難も巻き起こり、意図した所へたどり着かない視聴者の方も多く見受けられました。この作品は見る側へのたくさんの裏切りがあります。それは登場人物が乗り越えるべき苦難と同様で優しくありません。ぜひ劇場でご覧になって確かめて下さい」とコメントが寄せられている。

■公開情報
『日本沈没2020 劇場編集版 -シズマヌキボウ-』
11月13日(金)全国ロードショー
原作:小松左京『日本沈没』
監督:湯浅政明
音楽:牛尾憲輔
脚本:吉高寿男
キャスト:上田麗奈、村中知、佐々木優子、てらそままさき、吉野裕行、森なな子、小野賢章、佐々木梅治 
アニメーション制作:サイエンスSARU  
配給:エイベックス・ピクチャーズ 
製作:“JAPAN SINKS : 2020”Project Partners In association with Netflix
(c)“JAPAN SINKS : 2020”Project Partners
公式サイト:japansinks2020.com
公式Twitter :@japansinks2020

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる