Kis-My-Ft2 宮田俊哉が演じるキャラクターの姿も 『劇場版 BEM』ポスター&予告編公開

 『劇場版BEM〜BECOME HUMAN〜』の公開⽇が10⽉2⽇に決定し、本ポスタービジュアル、予告編とポスタービジュアルが公開された。

 本作は、『妖怪人間ベム』生誕50周年を記念して、原作の持つ設定やメッセージ性を残しつつも全く新しい解釈を施し舞台設定やキャラクターを大胆に変更し、2019年に制作・放送された完全新作TV アニメ『BEM』の劇場版。 

 壮麗と退廃、繁栄と貧窮が運河を隔てて共存する都市「リブラシティ」。若き女性刑事・ソニアは、街で頻発する不可思議な事件を追う中で、“ベム・ベラ・ベロ”と呼ばれる3人と出会う。醜い姿に変身する彼らはやがて妖怪人間と名付けられ、事件の容疑者として追われることとなるが、彼らこそが事件を解決し人々を助けているのだった。すべては「人間になりたい」という願いを叶えるため。Dr.リサイクルにより異能力を与えられた怪人たち、腐敗した警察、街を裏で支配する「見えざる議会」、そして、その首魁であるもう1人の妖怪人間・ベガと対峙するベムたち。人間の差別意識の象徴ともいえる運河の橋を破壊するほどの激闘の結果、ベムたちはリブラシティを守り、姿を消したのだった。それから2年。ベムの行方を探し続けていたソニアは、目撃情報を元に、「ドラコ・ケミカル」という製薬会社を訪れる。そこで出会ったのは、ベムに瓜二つの人間“ベルム・アイズバーグ”だった。

 公開された本ポスタービジュアルは、⾚く染まった都市を背景に、「妖怪⼈間ベム最終章 ついに願いは叶えられる」というキャッチコピーが。⽬前の敵に挑むようなベム、ベラ、ベロ、ベムの腕に抱かれた刑事・ソニア、劇場版のオリジナルキャラクターであるドラコやバージェスの姿が描かれている。

『劇場版BEM〜BECOME HUMAN〜』予告編

 予告編では、なぜ妖怪⼈間として⽣まれたのか、⼈を助けることで本当に⼈間になれるのかと問うベム、ベラ、ベロ、物語のキーパーソンとなるバージェス、マンストール、エマが描かれ、妖怪⼈間たちの⾏⽅を探し続けていた刑事ソニアがベムと共に戦う意志を伝える場⾯や、スピード感溢れるバトルシーン、さらには光と炎に包まれながらの激しい戦闘が繰り広げられる。

 また、本作の主題歌が、SNSや動画共有サイトを中⼼に活動する男性ボーカリスト・りぶが歌う「unforever」に決定。ロックバンド・凛として時⾬のフロントマンでソロとしても活躍する TK(凛として時⾬)が、楽曲提供からアレンジ及びミックスまですべてのサウンドプロデュースを担当している。また、りぶのTwitterでは主題歌にフォーカスした予告編も公開されている。

りぶ

Arrow
Arrow
ArrowArrow
Slider

■公開情報
『劇場版BEM~BECOME HUMAN~』
10月2日(金)全国ロードショー
監督:博史池畠
脚本:冨岡淳広
キャラクター原案:村田蓮爾
キャラクターデザイン:松本美乃
アニメーション制作:Production I.G
キャスト:⼩⻄克幸、M・A・O、⼩野賢章、内⽥真礼、乃村健次、諏訪部順⼀、高木渉、伊藤静、水樹奈々、宮田俊哉(Kis-My-Ft2)、山寺宏一
音楽:SOIL&”PIMP”SESSIONS 未知瑠
主題歌:「unforever」歌:りぶ/作詞・作曲・編曲:TK(凛として時雨)
配給:クロックワークス
製作:劇場版BEM製作委員会
(c)ADK EM/劇場版BEM製作委員会
公式サイト:https://newbem.jp/2020_mv/
公式Twitter:@newbem2019

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる