観月ありさ演じる“最恐女将”が暗躍! 『わたどう』オリジナルストーリー、Huluにて配信へ

観月ありさ演じる“最恐女将”が暗躍! 『わたどう』オリジナルストーリー、Huluにて配信へ

 毎週水曜22時より放送中の日本テレビ系水曜ドラマ『私たちはどうかしている』。本作のHuluオリジナルストーリー『女将の部屋』が、本日8月19日の第2話地上波放送後からHuluにて独占配信されることが決定した。

 浜辺美波と横浜流星がW主演を務める『私たちはどうかしている』は、『BE・LOVE』(講談社)で連載中で、累計発行部数200万部を超える安藤なつみの同名漫画をドラマ化する“ラブミステリー”。15年前に起こった老鋪和菓子屋「光月庵」主人の殺害事件を巡り、過酷な運命に翻弄されながらも惹かれ合う、浜辺演じる可憐で才能にあふれる和菓子職人・花岡七桜と、横浜演じる創業400年の老舗和菓子屋のクールな跡取り息子・高月椿の姿を描く。

 Huluオリジナルストーリー『女将の部屋』では、ヒロイン・七桜をいびり倒す「光月庵」の女将・高月今日子(観月ありさ)の暗躍を描く。一人息子の椿が立派に「光月庵」を継ぐことに人生を懸けている今日子。地上波では描かれなかった彼女の“女将の部屋”での“怪しい秘め事”が明らかになる。

 8月19日配信の第1話では、何が何でも一人息子・椿を「光月庵」の当主にするため、厨房の動きもすべて自らの手中に収めようと画策する今日子と、野心家のベテラン職人・富岡勝(岡部たかし)の怪しい関係がどう始まったのかが描かれる。

 第1話の物語の2カ月前。老舗和菓子屋「光月庵」の女将・高月今日子は、ベテラン職人の富岡勝を自分の部屋に招いた。そして、息子・椿の結婚を前に、厨房内で起こる全ての出来事を自分に報告するように求める。大旦那への忠誠心から拒絶する岡部であったが、今日子は巧みに篭絡していく。

 観月は「Huluオリジナルのアナザーストーリーということで、本編とは違った今日子の魅力を出していきたいと思っております。地上波では見られない今日子がたくさん詰まった『女将の部屋』を是非お楽しみ下さい!」とコメントしている。

 なお本作では、15年前の若旦那殺人事件にまつわる謎を解くヒントも随所に散りばめられるという。

■配信情報
『私たちはどうかしている』Huluオリジナルストーリー『女将の部屋』
第1話:8月19日(水)地上波第2話放送後からHuluで独占配信
第2話:9月2日(水)地上波第4話放送後からHuluで独占配信
第3話:9月16日(水)地上波第6話放送後からHuluで独占配信
第4話:9月23日(水)地上波第7話放送後からHuluで独占配信
出演:観月ありさ、高杉真宙、岸井ゆきの、山崎育三郎、和田聰宏、岡部たかし、前原滉、草野大成
原作:安藤なつみ『私たちはどうかしている』(講談社『BE・LOVE』連載中)
脚本:三浦駿斗
演出:瀬野尾一
チーフプロデューサー:⻄憲彦(日本テレビ)
プロデューサー:鈴間広枝(日本テレビ)、松山雅則(トータルメディアコミュニケーション)
協力プロデューサー:藤森真実(日本テレビ)
制作協力:トータルメディアコミュニケーション
製作著作:日本テレビ
(c)NTV

■放送情報
『私たちはどうかしている』
日本テレビ系にて、毎週水曜22:00〜放送
出演:浜辺美波、横浜流星、高杉真宙、岸井ゆきの、和田聰宏、岡部たかし、前原滉、草野大成、山崎育三郎、須藤理彩、中村ゆり、鈴木伸之、佐野史郎、観月ありさ
原作:安藤なつみ『私たちはどうかしている』(講談社『BE・LOVE』連載)
脚本:衛藤凛
演出:小室直子、猪股隆一
音楽:出羽良彰
チーフプロデューサー:西憲彦
プロデューサー:鈴間広枝、松山雅則(トータルメディアコミュニケーション)
制作協力:トータルメディアコミュニケーション
製作著作:日本テレビ
(c)日本テレビ
公式サイト:www.ntv.co.jp/watadou
公式Twitter:@watadou_ntv
公式Instagram:@watadou_ntv

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマ情報」の最新記事

もっとみる