原作・西野亮廣も太鼓判 『映画 えんとつ町のプペル』躍動感あふれる特報映像公開

 アニメーション映画『映画 えんとつ町のプペル』の特報映像とティザーポスターが公開された。

 本作は、いつも厚い煙に覆われ、空を知らない「えんとつ町」を舞台に、えんとつ掃除屋の少年ルビッチと、ゴミから生まれたゴミ人間プペルが巻き起こす、“信じる勇気”の物語。お笑いコンビ・キングコングの西野亮廣が監督を務め、2016年の発売以降、累計発行部数45万部を記録した絵本『えんとつ町のプペル』を原作とし、『海獣の子供』などのSTUDIO4°Cがアニメーション制作を担当する。

 公開された特報映像では、父の教えを守り、いつも空を見上げ、星を信じ続けていたために、みんなに笑われ、ひとりぼっちになってしまった少年・ルビッチと、彼の前に突然現れたゴミ人間・プペルの躍動感あふれる映像が映し出されている。西野も本映像に関して「めちゃくちゃ感動した! むちゃくちゃいい30秒です!! 自分のコメントなんかより映像流して!」と太鼓判を押している。

 また、特報に使用されている楽曲は、本作のED主題歌でもある、西野自身が作詞・作曲した「えんとつ町のプぺル」。 西野は、この曲を歌うロザリーナについて、「世界観も声も映像にピッタリ」と絶賛のコメントを寄せている。

 あわせて公開されたティザーポスターでは、煙に覆われるえんとつ町で空を見上げるプペルとルビッチとともに、「見上げることを忘れた世界で“星”を信じた少年の物語。」というキャッチコピーが添えられている。

『映画 えんとつ町のプぺル』特報【12月公開】

■公開情報
『映画 えんとつ町のプペル』
12月全国公開
製作総指揮・原作・脚本:西野亮廣
監督:廣田裕介
アニメーション制作:STUDIO4℃
原作:『えんとつ町のプペル』にしのあきひろ著(幻冬社刊)
配給:東宝=吉本興業共同配給
(c)西野亮廣/「映画えんとつ町のプペル」製作委員会
公式サイト:poupelle.com

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる