ニコール・キッドマンが刑事役に初挑戦でGG賞ノミネート 『ストレイ・ドッグ』10月23日公開

ニコール・キッドマンが刑事役に初挑戦でGG賞ノミネート 『ストレイ・ドッグ』10月23日公開

 ニコール・キッドマン主演映画『Destroyer(原題)』が、『ストレイ・ドッグ』の邦題で10月23日より公開されることが決定した。

 本作は、キッドマンが酒浸りの中年刑事を演じ、イメージを覆す新たな挑戦をしたネオ・ノワール。ロサンゼルス市警の女性刑事エリンの元に届いた一通の封筒。それは17年前にFBI捜査官クリスと共に犯罪組織への潜入捜査を行った際、逃がした組織のボスから届いた挑戦のメッセージだった。取り返しがつかない過ちを犯し、以来、心に深く刻まれた罪悪感。その過去に決着をつけるため、エリンは砂漠地帯へと車を走らせる。

 『イーオン・フラックス』『ジェニファーズ・ボディ』などの日系女性監督カリン・クサマがメガホンを取り、“直射日光下のノワール”を目指し、実際の犯罪多発地帯を含むロサンゼルス全域でオールロケを敢行した。刑事役に初挑戦したキッドマンは、本作で第76回ゴールデングローブ賞主演女優賞にノミネートされた。

 あわせて、キッドマンが主人公エリン・ベル刑事の現在と若かりし頃を演じた場面写真も公開。17年前、FBI 捜査官クリス(セバスチャン・スタン)とともに潜入捜査を行った様子も垣間見える。そして、その忌まわしい過去に決着をつけるために銃を構える現在のエリン・ベルの姿も。本作で酒浸りの中年刑事を演じることは、キッドマンにとってイメージを覆し、キャリア自体を破壊しかねない危険な賭けだった。だが、特殊メイクを施して顔かたちを変え、激しい暴力シーンや銃撃戦にも臆しない演技は大きな注目を集め、第76回ゴールデングローブ賞主演女優賞にノミネートされ、高く評価された。

■公開情報
『ストレイ・ドッグ』
10月23日(金) TOHOシネマズ シャンテほか全国順次ロードショー
出演:ニコール・キッドマン、トビー・ケベル、タチアナ・マズラニー、セバスチャン・スタン
監督:カリン・クサマ
脚本:フィル・ヘイ&マット・マンフレディ
撮影:ジュリー・カークウッド
音楽:セオドア・シャピロ
配給:キノフィルムズ
提供:木下グループ
2018年/アメリカ/英語/カラー/スコープサイズ/5.1ch/121分/日本語字幕翻訳:チオキ真理/原題:Destroyer
(c)2018 30WEST Destroyer, LLC.
公式サイト:www.destroyer.jp 

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる