『アンサング・シンデレラ』は『Ns’あおい』の14年後? 石原さとみが体現する“理想の先輩”像

『アンサング・シンデレラ』は『Ns’あおい』の14年後? 石原さとみが体現する“理想の先輩”像

 日本の連ドラ史上初、病院薬剤師たちの奮闘を描く石原さとみ主演のフジテレビ系連続ドラマ『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』(フジテレビ系)。石原と言えば、これまで数々のポジティブなヒロインを演じ、日本を明るく元気にしてきた国民的女優の1人だ。今作でも、患者一人一人と真摯に向き合う主人公・葵みどりを演じ、冷静さの中に熱い情熱を持った演技で、毎週感動を呼んでいる。

 10代の頃は、松本潤とのキスシーンが衝撃を呼んだ『きみはペット』の澁澤ルミや、ドラマ『WATER BOYS2』(フジテレビ系)のヒロイン・矢沢栞など、真面目で、男子とギクシャクを繰り返す、まさに思春期らしい女子高生役が多かった印象の石原。一方で、そうした等身大の青春劇だけでなく、2003年にはNHK朝の連続テレビ小説『てるてる家族』、2005年にはNHK大河ドラマ『義経』とNHK2大コンテンツでもヒロインを務め、女優としての器量の大きさを早くから発揮してきた。特に『義経』での静御前役は、義経(滝沢秀明)への思いを秘めた落ち着いた演技が実に艶やかで、石原の演技力の高さを感じさせた役だった。

 2012年の『リッチマン、プアウーマン』(フジテレビ系)では就活中の理系女子として、小栗旬演じる堅物IT社長を人間らしく変えていく様を魅力的に演じ、2014年の『失恋ショコラティエ』(フジテレビ系)では、まるで『きみはペット』のリベンジをするかのごとく、松本潤を振り回す小悪魔ぶりが話題に。小栗、松本と『花より男子』(TBS系)F4メンバーの2大巨頭をリードする、ラブコメディのヒロイン役として大活躍の20代だったと言える。

 ヒロインに限らず、映画『進撃の巨人』、映画『シン・ゴジラ』、ドラマ『地味にすごい!校閲ガール・河野悦子』(日本テレビ系)などの作品でも、サバサバと自分が思ったことを言う、ポジティブなキャラクターが石原自身のパーソナリティーにもマッチ。ここ最近、さらに役柄の幅を広げ、同性からも愛される存在として、国民的女優としての地位を確たるものにしたと言える。多くのドラマファンに愛される『アンナチュラル』(TBS系)で主演を務めたことも大きいだろう。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アクター分析」の最新記事

もっとみる