『メイキング・オブ・モータウン』予告編公開 ビートルズの貴重なインタビューも

 9月18日より公開となるドキュメンタリー映画『メイキング・オブ・モータウン』の予告編が公開された。

 本作は、創設者ベリー・ゴーディが初めて自身への密着を許可したドキュメンタリー映画にして、モータウンが映画ビジネスに参入すべくLAに本社を移すまでの歴史や名曲誕生秘話を、親友であり戦友のスモーキー・ロビンソンと旧交を温めながら説き明かしていくドキュメンタリー。なお、ゴーディは昨年89歳で引退することも発表し、本作がモータウン在職中に密着した最初で最期の作品となっている。

 ビートルズやローリング・ストーンズもその影響の大きさを公言する、日本を含む世界の音楽に影響を与え続けているモータウン。創設者のゴーディは、米ミシガン州デトロイトの西グランド通り2648番地にある一軒家を拠点に、若者に向けたポップな音楽を発信し、アメリカン・ドリームを実現させた。上昇志向が強く大金を掴むことを夢見ていた彼は、新聞販売員を経てジャズのレコード店を経営し、実業家としての一歩を踏み出す。ジャッキー・ウィルソンの曲を作って音楽業界に参入。1959 年、家族から借りた800ドルを資金にタムラ・レーベルをスタートさせ、モータウンの歴史は幕を開けた。

 黄金期を彩ったのは、ミラクルズ、テンプテーションズ、ダイアナ・ロス&スプリームス、フォー・トップス、スティーヴィー・ワンダー、マーヴィン・ゲイ、ジャクソン 5、マーサ&ザ・ヴァンデラスといったスターたち。ダンスやエチケットも含め徹底した管理体制を敷き、全米No.1ヒットを連発していくさまは、かつてゴーディが働いていた自動車工場の組み立てラインをヒントにしていた。特にクオリティ・コントロールと呼ばれた品質管理会議は、ソングライターやプロデューサーたちの競争心を煽り、ブランドに磨きをかけていく。一方で苦難にも直面した。人種差別や暴動、作家の離脱。それでも、人種や性別に分け隔てのない社風同様、モータウンの音楽には分断した社会をひとつにする力があった。やがて反戦などの社会的メッセージを含んだ革新的な楽曲も登場。時代を作った数々の伝説の楽曲によって、軌跡を辿っていく。

映画『メイキング・オブ・モータウン』予告編

 公開された予告編は、ビートルズの貴重なインタビューで始まり、ジャクソン5、スティーヴィー・ワンダー、マーヴィン・ゲイ、テンプテーションズ、スプリームスなど、多くの伝説のアーティストがいかにして生み出されたのか、ヒット曲と共に綴られていく。

■公開情報
『メイキング・オブ・モータウン』
9月18日(金)より、ヒューマントラストシネマ渋谷ほかにて全国順次ロードショー
監督:ベンジャミン・ターナー、ゲイブ・ターナー
出演:ベリー・ゴーディ、スモーキー・ロビンソン
配給:ショウゲート
2019年/カラー/5.1ch/アメリカ、イギリス/ビスタ/112分/原題:Hitsville: The Making of Motown/字幕翻訳:石田泰子/監修:林剛
(c)2019 Motown Film Limited. All Rights Reserved
公式サイト:makingofmotown.com

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる