上白石萌音、『未満警察』でハードボイルド演技を披露 『恋つづ』”勇者ちゃん”から大人の階段登る

上白石萌音、『未満警察』でハードボイルド演技を披露 『恋つづ』”勇者ちゃん”から大人の階段登る

 Sexy Zoneの中島健人とKing&Princeの平野紫耀がW主演を務める連続ドラマ『未満警察 ミッドナイトランナー』(日本テレビ系)の第2話にゲスト出演した上白石萌音。「恐らく私史上最もハードな内容のストーリー」と言うように、誘拐される家出少女役で、れまでの清純派イメージから一変。その変貌したクールなキャラとハードな体当たり演技に、驚きの声が上がっている。

 ドラマや映画だけでなく、ミュージカルや声優、そして歌手として、様々なシーンで活躍する上白石。初主演映画『舞妓はレディ』では、京都の花街で舞妓を目指す地方出身の少女役や、広瀬すず主演の映画『ちはやふる』シリーズでは、古典に造詣が深く、かるたをこよなく愛する呉服屋の娘・大江奏役など、素朴で清楚な役が似合う印象だ。今年の1月期に放送されたドラマ『恋はつづくよどこまでも』(TBS系)では、少しドジだけど、恋に一途で仕事に一生懸命な新米看護師・佐倉七瀬役を熱演。佐藤健演じるドS医師の天堂浬との恋の行方を多くの視聴者が応援した、あの天真爛漫でピュアな“勇者ちゃん”のイメージを持っている人も多いかと思われる。

 上白石の演技が愛される理由は、頑張る演技にもどこか余韻を残し、ふとした表情に儚さや、役の背景を感じさせるからこそだろう。そして共演者の魅力を引き出す巧みさにも注目だ。例えばインタビューでは、『恋つづ』での演技について、「健さんからのキュンが私をはさんで視聴者の方に届くわけなので。とにかく私は、その邪魔になりたくないと思って取り組みました」(参照:上白石萌音、『恋つづ』で佐藤健と大切にした感覚 「表現者である前に、人として豊かでありたい」)と語るように、しっかりと相手が引き立つ演技プランを考えて役に挑んでいる。相手が光るからこそ、上白石の役がよりピュアで健気に見えてくるのである。

 上白石が出演する『未満警察』第2話と第3話は、原作となる韓国映画『ミッドナイトランナー』のストーリーが描かれるだけに、ハードボイルドかつ重要な回でもある。本間(中島健人)と一ノ瀬(平野紫耀)が、街中で偶然すれ違った亜未(上白石萌音)が車に拉致される様子を目撃したことから始まる第2話で、亜未が耳かき屋で働き、金髪の男が管理する家出少女たちが集まって暮らすアパートに住んでいることが判明。亜未は少女たちと一緒に家を出ようと計画していたが、その計画がバレてしまったことで拉致されていたのだ。本間と一ノ瀬は亜未を奪還しに2人で乗り込む。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アクター分析」の最新記事

もっとみる