『私の家政夫ナギサさん』は“心のビタミン剤”のような存在に 多部未華子の様々な表情にも注目

『私の家政夫ナギサさん』は“心のビタミン剤”のような存在に 多部未華子の様々な表情にも注目

 疲れた日には心のビタミンになってくれる。そんな存在が誰しも必要だろう。笑顔が溢れ、時に涙がこぼれ、心が温まる、そんなTBS火曜ドラマ『私の家政夫ナギサさん』が7月7日よりスタートする。本作は電子書籍サイト「コミックシーモア」発の四ツ原フリコによるオリジナル同名コミックを原作とし、主人公の相原メイ役を多部未華子、家政夫のナギサさん役を大森南朋が務める。

 製薬会社でMR(医師に薬の情報を伝える医薬品のスペシャリスト)として働き、仕事は順調なものの恋と家事は全く手につかないメイは、あることをきっかけに家政夫のナギサさんと出会い、生活を変えていく。メイとナギサさんとの関係はもちろん、ライバル会社のMR・田所(瀬戸康史)との関係にも注目してほしい。

 ある日突然、おじさんが家にいるという突拍子もない出来事に対するメイの反応や、ナギサさんとの向き合い方がキーになる第1話は、まさに現代の働く女性が抱える悩みがたっぷりと描かれる。親や同僚から根掘り葉掘り聞かれる恋愛・結婚事情、上司からは期待され、後輩ができれば指導にも当たらなければならない。そんなときにライバルが登場し、メイの心はすっかり疲弊していた。

 メイにとって仕事が順調であることは、嬉しい半面、負担にもなっていた。そこに後輩の出現や、出来のいいライバルの登場が重なり、余計に心はかき乱される。そんな様子はメイの暮らしている部屋にも如実に現れており、フローリングが見えないほど物が散乱し、カップラーメンのゴミやペットボトルが無造作に置かれたキッチンからは、メイが健康的な暮らしができていないことが伺える。

 そんなメイを見かね、現れたのがナギサさんだ。しかしメイは、ナギサさんの存在に驚き、警戒する。年齢も職業も相容れない2人の関係はどう変化していくのだろうか。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマシーン分析」の最新記事

もっとみる