伝説のプレイボーイの最期の恋を描く ブノワ・ジャコー監督作『カサノバ ~最期の恋~』公開決定

伝説のプレイボーイの最期の恋を描く ブノワ・ジャコー監督作『カサノバ ~最期の恋~』公開決定

 映画『カサノバ ~最期の恋~』が、7月31日よりシネマカリテ、アップリンク渋谷、アップリンク吉祥寺ほかにて全国順次公開されることが決定。あわせて予告編とポスタービジュアルが公開された。

 本作は、様々な女性と浮き名を流した伝説のプレイボーイであり、18世紀に実在したイタリアの文筆家ジャコモ・カサノバの人生最期の恋を描いた人間ドラマ。過去にドナルド・サザーランドやヒース・レジャーなど数々の俳優が演じてきたカサノバ役を、『ティエリー・トグルドーの憂鬱』でカンヌ国際映画祭・セザール賞の最優秀主演男優賞をW受賞したヴァンサン・ランドンが務める。カサノバが身を焦がすような恋の相手・シャルピヨンを、『ニンフォマニアック』『ポップスター』のステイシー・マーティンが演じる。

 18世紀のロンドン。快楽とギャンブル好きで有名な遊蕩児のカサノバは、パリからの亡命を余儀なくされていた。新たな土地で、彼は若い娼婦のマリアンヌ・ド・シャルピヨンと出会い、他の女性が目に入らなくなるほど彼女に心酔する。カサノバはあらゆる手段でシャルピヨンを手に入れようとするが、彼女は巧妙にかわしていく。「私が欲しければ私を追わないこと!」とシャルピヨンに挑発され、カサノバはますます彼女に溺れていく。

 公開されたポスタービジュアルでは、カサノバの背から顔を覗かせるシャルピヨンの物憂げな眼差しが切り取られている。

映画『カサノバ ~最期の恋~』予告編

   予告編では、過去の女性遍歴を振り返るカサノバが初めて足を踏み入れたロンドンで出会ったシャルピヨンについて語り出すシーンや、誘惑的な態度をとりながらも、何度もキスを拒むなど、挑発を繰り返すシャルピヨンに夢中になっていく様子が描かれている。

Arrow
Arrow
ArrowArrow
Slider

■公開情報
『カサノバ ~最期の恋~』
7月31日(金)より、シネマカリテ、アップリンク渋谷、アップリンク吉祥寺ほか全国順次公開
出演:ヴァンサン・ランドン、ステイシー・マーティン、ヴァレリア・ゴリノ
監督:ブノワ・ジャコー
共同制作:ダルデンヌ兄弟
配給:ギャガ
Dernier amour/2019年/フランス・ベルギー・アメリカ/カラー/シネスコ/100分/字幕翻訳:茂岡律子/R-18+
(c)CHRISTOPHE BEAUCARNE / LES FILMS DU LENDEMAIN – JPG FILM
公式サイト:https://gaga.ne.jp/casanova/

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる