清原翔からバトンを受け取った成田凌が好演 『アンサング・シンデレラ』小野塚からもらえる勇気

清原翔からバトンを受け取った成田凌が好演 『アンサング・シンデレラ』小野塚からもらえる勇気

 みどり(石原さとみ)の顔見知りの小野塚綾(成田凌)が、実は同業の薬剤師であることが発覚した。『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』(フジテレビ系)の第3話では小学校教師の新田奏佑(浅利陽介)が萬津総合病院に運ばれてくる。

 新田は、病気のせいで自身の理想とする教師像からかけ離れていくことに焦燥感を感じていた。さらに、新田の持っていた薬の中には、成分の量を調整するために半分に割られているなど、薬効上あってはならない形での提供がされており、みどりはずさんな調剤をするドラッグストアに腹を立てる。早速、新田の薬を処方していたナカノ薬局に足を運ぶのだが、驚いたことに新田の薬を担当していたのは『娘娘亭』の常連客の小野塚であった。

 小野塚の正体が明らかになり、本格的に物語に関わるようになる。第3話での小野塚は、自身の境遇に甘んじて夢を追求できずにおり、さらにみどりとも衝突を繰り返す。しかし、新田を救ったことや萬津総合病院の薬剤部との交流をきっかけに、かつて志した救急認定薬剤師の夢を再度追いかけようとテキストを広げ、こっそり勉強を進めるのであった。

 実は小野塚は、かつての病院実習の際に、救急認定薬剤師として活躍する瀬野(田中圭)の姿に憧れ、同じ道を進もうと決意したのだ。瀬野も小野塚のことを覚えており、病院での再会時にはまた小野塚が希望を持てるよう、声かけをするのであった。その後、瀬野は人手の足りない萬津総合病院の薬剤部に来てくれる薬剤師はいないか、販田(真矢ミキ)に心当たりを問われると「まあ、ひとり」と答える。これは瀬野が小野塚に期待を寄せていることを示唆しているのだろうか。今後の展開に期待が寄せられる。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマシーン分析」の最新記事

もっとみる