石原さとみ、田中圭ら『アンサング・シンデレラ』の独特なチーム感 “讃えられない”薬剤師の奮闘

石原さとみ、田中圭ら『アンサング・シンデレラ』の独特なチーム感 “讃えられない”薬剤師の奮闘

 薬と寄り添って生活する患者がいる。そしてそこには当たり前のように薬を提供する薬剤師がいるのだ。『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』(フジテレビ系、以下『アンサング・シンデレラ』)は連続ドラマ史上初めて薬剤師にスポットを当てた作品となる。第1話では、主役の葵みどり(石原さとみ)が患者を思いやるばかりに、つい業務範囲を超えた仕事をして問題視されてしまう。医師から医療安全委員会にかけられたみどりであったが、危機一髪のところで瀬野(田中圭)のサポートにより、なんとか解雇を免れる。

 数々のお仕事ドラマでその職業の魅力を引き出して、視聴者に魅せ続けてきた石原さとみが新たな挑戦として挑んだのが『アンサング・シンデレラ』での薬剤師役だ。患者に寄り添った病院薬剤師であることを求めるみどりは、つい薬剤師の役割りを超えた行動に出てしまい、先輩薬剤師の注意を受けることもしばしば。先輩の1人である瀬野は、いつも冷めた態度で接し、他の薬剤師たちも決して優しく見守ってくれているわけではない。

 しかし、郷に入れば郷に従え。命に関わる立場であり、逼迫することの多い医療の世界では指揮系統の統一は必ず守られるべきものなのだ。みどりのように自分の考えで行動したり、他の薬剤師がフォローに回らなければ仕事が捌けないようでは、問題視されてしまう。そんなみどりの窮地を救うのは意外にも瀬野だった。

 瀬野はみどりに「もっと、患者のために働け」と声をかけ、ぶっきらぼうながらもみどりを応援している様子を見せる。実は他の薬剤師たちも、みどりのことを大切に想う気持ちは変わらない。ただ素直に気持ちを表現し、馴れ合うような態度を取らないだけなのであった。そんな先輩薬剤師たちの姿に新人薬剤師のくるみ(西野七瀬)は「めんどくさっ」と言いながらニヤリと笑う。このくるみの反応を見て、彼女と同じようにゾクっとする興奮を感じた視聴者も多かったのではないだろうか。

 ある種のクールさを持った本作の薬剤師たちは独特な魅力で視聴者を虜にする。観ているこちらも「めんどくさっ」と思いながらも、その心の底をもっと深く知りたい、この人たちの活躍をもっと観ていたいと思わせるキャラクターたちであった。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマシーン分析」の最新記事

もっとみる