医療ドラマに見る石原さとみの“進化” 『アンサング・シンデレラ』までの変遷を辿る

医療ドラマに見る石原さとみの“進化” 『アンサング・シンデレラ』までの変遷を辿る

 脳外科医と会ったことのない人はいても、薬剤師と会ったことのない人はいないだろう。しかし、薬剤師の仕事ぶりを詳しく知っている人はそれほど多くはない。

 石原さとみ主演の『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』(フジテレビ系)は、これまでドラマでほとんど扱われることがなかった病院に勤務する薬剤師にスポットを当てた作品だ。「アンサング」とは「褒められない」という意味。医師と患者にとって、縁の下の力持ち的な存在である病院薬剤師たちの活躍と葛藤を描く。

 原作は、荒井ママレのコミック『アンサングシンデレラ 病院薬剤師 葵みどり』(医療原案:富野浩充、コアミックス)。新型コロナウイルス感染拡大の影響で延期になっていたが、ようやく7月16日に初回放送を迎える。

原作との大きな変更点

 石原さとみが演じるのは、お団子ヘアがトレードマークの薬剤師・葵みどり。みどりとともに働く新人薬剤師・相原くるみを西野七瀬、みどりを厳しく見守る薬剤部副部長の瀬野章吾を田中圭が演じる。

 実はドラマ化にあたって主人公の年齢とキャリアが大きく変更されている。原作のみどりはキャリア2年目の若手薬剤師として設定されているが、ドラマのみどりはキャリア8年目の中堅薬剤師だ。演じる石原の33歳という年齢が考慮された変更だろう。

 薬剤師としての経験も実績もあり、信念を持って仕事しているが、壁にぶつかることもあるし、うまくいかないこともある。それでも彼女なりに患者に寄り添い、薬剤師として患者にとって「最後の砦」であろうとする……という物語になりそうだ。

 石原はこれまでテレビドラマで4度、医療に従事する職業を演じてきた。その変遷をたどると興味深い。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマシーン分析」の最新記事

もっとみる