『未満警察』、オリジナルとの違いがそこかしこに 中島健人×平野紫耀のキャラを活かした脚色

『未満警察』、オリジナルとの違いがそこかしこに 中島健人×平野紫耀のキャラを活かした脚色

 ようやく放送がスタートした日本テレビ系列土曜ドラマ『未満警察 ミッドナイトランナー』。Sexy Zoneの中島健人とKing & Princeの平野紫耀、ジャニーズ事務所の次世代を担うグループのメンバーである2人がダブル主演を務め、“警察未満”である警察学校の学生2人が難事件に巻き込まれていく様を描いたバディ・サスペンスだ。放送開始が延期されていたため、かれこれ3カ月近くにわたって第1話の予告映像ばかりを見てきただけに、まさに待ちに待った放送開始。ついに2人のグータッチが観られたわけだ。

 裸足で交番に助けを求めてきた少女(鈴木梨央)の姿と、一家3人の感電死体が発見されるという衝撃的なオープニングシーンからはじまった6月27日放送の第1話。警察学校へ入校した本間快(中島健人)と一ノ瀬次郎(平野紫耀)が出会い、警察官になるための過酷な訓練を乗り越えながら絆を深めていくさまが描かれた。訓練の途中で捻挫をしてしまった快は、寮の部屋から見えたアクアショップにいた女性・楓(真木よう子)に目を奪われる。食事も忘れて次郎とともに彼女の様子を覗き見していると、彼女が男から暴行を受けているのを目撃。咄嗟に助けに向かった次郎だったが、そこで思いも寄らぬ事件へと巻き込まれることに。

 本作のオリジナルは、今話題の韓国ドラマ『梨泰院クラス』のパク・ソジュンと、『ミセン』のカン・ハヌルがダブル主演を務めた2017年製作の韓国映画『ミッドナイト・ランナー』。警察学校に入学した主人公2人が、外出先で偶然にも誘拐事件の現場に遭遇。警察に通報するも他の事件で手一杯になって取り合ってもらえなかったため、習いたての知識とスキルを駆使して自分たちで捜査に乗り出し、やがて人身売買組織にたどり着くという快作である。そのオリジナルで描かれた事件は、どうやら次週の第2話で本格的にリメイクされるようで、今回の第1話では序盤のみがオリジナルの描写を踏襲していた。

 食事のシーンで不平を漏らす次郎が快からソーセージをもらうくだりや、山道を走る訓練で怪我をした快を次郎が背負って走るくだりはオリジナルそのものだ。それでも神経質で真面目な快のキャラクター性に新たに“意識高い系”という要素が加えられており、次郎のほうも無軌道に突っ走る奔放なキャラクター性と、やたらと身体能力の高さが際立つあたり、演じている平野のパブリックイメージにぴたりと符合する。2人のキャラ立ちがかなり重視された脚色が施されていると見える。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマ情報」の最新記事

もっとみる