“20世紀最高のバッハの演奏家”の実話を映画化 『マイ・バッハ 不屈のピアニスト』9月11日公開

“20世紀最高のバッハの演奏家”の実話を映画化 『マイ・バッハ 不屈のピアニスト』9月11日公開

 映画『マイ・バッハ 不屈のピアニスト』が、9月11日よりヒューマントラストシネマ有楽町ほかにて全国公開されることが決定。あわせてビジュアルと場面写真が公開された。

 本作は、“20世紀最高のバッハの演奏家”と称されるジョアン・カルロス・マルティンスを主人公に、彼を襲った不幸とその苦難を幾度も乗り越えていくさまを描いた人間ドラマ。当初クリント・イーストウッドが映像化を切望したマルティンスの物語であったが、プロデューサーのブルーノ・レザビシャスの直談判による熱い想いがマルティンス本人の心を動かし、本作の映像化権を掴み取った。

 リオパラリンピックの開会式で行われた彼の国歌演奏の模様は日本でも話題となり、ハンディキャップを持った両手で奏でられた美しい旋律は世界中の人々を虜に。映画で使用される音源は、全てマルティンス自身の演奏によるもので困難を乗り越え⻤気迫る演奏シーンも見どころとなっている。

 公開されたビジュアルでは、片腕でピアノの鍵盤をたたく主人公マルティンスの姿が切り取られ、「その手を動かしているのは天使か悪魔か」というコピーが綴られている。

 場面写真では、一流の演奏家としてオーケストラを抱えるマルティンスの姿をはじめ、ピアノとの運命的な出会いを果たした彼の幼少期、鮮烈なデビューを飾り瞬く間に注目を集めるようになった20代の様子も捉えられている。

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

■公開情報
『マイ・バッハ 不屈のピアニスト』
9月11日(金)ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国公開
監督・脚本:マウロ・リマ
出演:アレクサンドロ・ネロ、ダヴィ・カンポロンゴ、アリーン・モラエス、フェルナンダ・ノーブル
配給:イオンエンターテイメント
原題:Joao, o Maestro/2017年/ブラジル/ポルトガル語/117分/字幕:原田りえ
公式サイト:my-bach.jp
公式Twitter:@mybach_movie
公式Facebook:@mybachmovie

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる