木村拓哉×斎藤工の絆がにじみ出る 『BG~身辺警護人~』シーズン2も“誤差なし”のスタート

木村拓哉×斎藤工の絆がにじみ出る 『BG~身辺警護人~』シーズン2も“誤差なし”のスタート

 木村拓哉が主演を務めるドラマ『BG~身辺警護人~』(テレビ朝日系)が、6月18日よりスタートした。

 本作は、丸腰の状態でまさに“命の盾”となり、あらゆる危険からクライアントを護る民間ボディーガードの生き様と戦いを描く人間ドラマ。2018年に放送されていたシーズン1からは、主演の木村のほか、斎藤工、菜々緒、間宮祥太朗が続投。新型コロナウイルスの感染拡大の影響で開始日が延期となったが、「傑作選」としてのシーズン1の再放送を経て、いよいよシーズン2が放送を開始させた。

 シーズン2の最大のポイントは、島崎章(木村拓哉)がフリーのボディーガードに転身することだろう。日ノ出警備保障を買収したIT系総合企業「KICKS CORP.」の社長・劉光明(仲村トオル)は、会社への同情票を集めるためにでたらめな襲撃事件を企てていた。利益優先の劉に、島崎は「金は守れても、命を護ることはできません」とKICKSを退職。拳銃はおろか、警棒すら持たない本当の丸腰の姿で、単独警護を全うする。

 島崎の最初の任務は、刑務所から出所する松野信介(青木崇高)の身辺警護。教授・坂上司(神保悟志)への謝罪に研究室まで同行するのが依頼だ。出所祝いとして訪れた蕎麦屋からの“逃走経路”、移動時間を逆算した行動計画は完璧。シーズン1から変わらずの島崎だが、マスコミに先回りされたり、新設した事務所に松野が不審者を入れてしまったりとトラブルが続く。そこに現れるのが、高梨雅也(斎藤工)だ。

 高梨は、島崎がKICKSから追い出されたことを知り、事務所を訪ねていた。給料は上がり、クライアントはVIPとなったが、会社に不信感を抱いていた高梨。共にぶっきら棒ではあるが、ボディーガードとして信頼し合う島崎に導かれるように、高梨は目の前で困っているクライアントのため、彼の警護を手伝うこととなる。

 「誤差なし」ーー『BG』を代表する屈指の名ゼリフを合図に、島崎と高梨によるチームプレイがスタートする。演じる木村拓哉と斎藤工は、撮影が延期になっていた間も、互いに連絡を取り合いチームの絆を再確認していたというが、島崎と高梨にも自然とその絆が表れている。その象徴となるのが、ドアをリズミカルに4回叩く合図。これは、高梨が事務所を訪れた際、その音で島崎が誰か分かるという2人の間でのサインであったが、島崎が研究所の冷凍室に閉じめられるという絶体絶命のピンチにも、高梨はその合図で島崎を見つけ、チームとして任務を遂行したのだ。

 また、クライアントの依頼を忠実に遂行するとともに、その裏にある真実の思いをいち早く察知し、真相をついていく島崎のスタンスもシーズン1から変わることはない。松野からの「未来を護ってくれました」という感謝の言葉は、「弱き者の盾になる」という使命を貫いた先にある、島崎が本当に護りたいものでもある。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマシーン分析」の最新記事

もっとみる