エル・ファニングとセレーナ・ゴメスの対照的な姿が ウディ・アレン新作の新場面写真公開

エル・ファニングとセレーナ・ゴメスの対照的な姿が ウディ・アレン新作の新場面写真公開

 7月3日公開のウディ・アレン監督最新作『レイニーデイ・イン・ニューヨーク』より、新たな場面写真が公開された。

 『マンハッタン』『アニー・ホール』『カフェ・ソサエティ』『女と男の観覧車』などニューヨークを舞台に数々の作品を発表してきたアレン監督が手がけた本作は、ティモシー・シャラメ、エル・ファニング、セレーナ・ゴメスらが共演を果たした、ニューヨークの街で運命のいたずらに翻弄される男女のロマンティック・コメディ。

 公開された場面写真では、シャラメ演じるギャツビーと恋の三角関係を繰り広げるファニングとゴメスの姿が切り取られている。

 ファニング演じるアシュレーの場面写真では、学校の課題で有名な映画監督ローランド・ポラード(リーヴ・シュレイバー)の取材が実現し、はにかみ笑顔で監督に取材している姿、監督新作の試写に誘われ、作品の意見交換まで同席できる嬉しさにはしゃいで喜ぶ様子や、笑みを浮かべながら試写を鑑賞する場面、大勢の記者たちに取り囲まれ、ディエゴ・ルナ演じる人気俳優フランシスコ・ヴェガと車に乗り込むシーン、彼の自宅まで招待され嬉しさに舞い上がった様子などが切り取られている。

 一方、ゴメス演じるチャンの場面写真では、学生映画の撮影中に姉の元カレであるギャツビーと久しぶりの再会を果たし、嬉しげな表情を浮かべる姿や、土砂降りの雨の中、自宅の前でギャツビーからMOMAのデートへと誘われるシーン、雨に濡れた髪を整える横顔のカットや、自宅の窓辺でギャツビーと楽しげに話し、腕組みをする姿が確認できる。

Arrow
Arrow
ArrowArrow
Slider

■公開情報
『レイニーデイ・イン・ニューヨーク』
7月3日(金)、新宿ピカデリー、ヒューマントラストシネマ有楽町、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国公開
監督・脚本:ウディ・アレン
出演:ティモシー・シャラメ、エル・ファニング、セレーナ・ゴメス、ジュード・ロウ、ディエゴ・ルナ、リーヴ・シュレイバー
提供:バップ、シネマライズ、ロングライド
配給:ロングライド
2019年/アメリカ/英語/92分/ユニビジウム/カラー/5.1ch/原題:A Rainy Day in New York/日本語字幕:古田由紀子
Photography by Jessica Miglio (c)2019 Gravier Productions, Inc.
(c)2019 Gravier Productions, Inc.
公式サイト: https://longride.jp/rdiny

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

音楽記事ピックアップ