今井翼、『麒麟がくる』で敵将を討つ 『義経』以来の大河ドラマで大役担う

今井翼、『麒麟がくる』で敵将を討つ 『義経』以来の大河ドラマで大役担う

 さらに今回、帰蝶(川口春奈)の元には「天からの預かりもの」が。信長が帰蝶に授けたのは、信長が側室に産ませた男児・奇妙丸であった。信長が今回の戦で死んだらこの奇妙丸を跡取りとして育ててほしいと託したのだ。信長は心の底から帰蝶を信頼しており、十兵衛には帰蝶のことを「帰蝶は何をしても褒める。いつも褒める、あれは母親じゃ」と語り、帰蝶に強い母性を感じていることを明かしている。幼い頃から両親、特に母親の愛情に飢え、“褒められたい”と強く願っていた信長にとって、帰蝶の存在は計り知れないほど心強く、愛しいのだろう。

 次は「美濃を盗って帰蝶を喜ばせる」と信長は語る。愛に飢えるゆえに国を盗る信長と大義で大きな国を作ろうとする光秀、今後の2人の関係はどう描かれるのか。続きが気になるところで惜しくも一時放送休止となる『麒麟がくる』。次の放送ではまた、豪華な面々が素晴らしい活躍を見せてくれることだろう。

■Nana Numoto
日本大学芸術学部映画学科卒。映画・ファッション系ライター。映像の美術等も手がける。批評同人誌『ヱクリヲ』などに寄稿。Twitter

■放送情報
大河ドラマ『麒麟がくる』
NHK総合にて、毎週日曜20:00〜放送
BSプレミアムにて、毎週日曜18:00〜放送
BS4Kにて、毎週日曜9:00〜放送
主演:長谷川博己
作:池端俊策
語り:市川海老蔵
音楽:ジョン・グラム
制作統括:落合将、藤並英樹
プロデューサー:中野亮平
演出:大原拓、一色隆司、佐々木善春、深川貴志
写真提供=NHK
公式サイト:https://www.nhk.or.jp/kirin/
公式Twitter:@nhk_kirin
 

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマシーン分析」の最新記事

もっとみる