松下洸平、リモートドラマ出演で得た役者への思い 「この仕事が好きなんだと改めて感じました」

松下洸平、リモートドラマ出演で得た役者への思い 「この仕事が好きなんだと改めて感じました」

 関西地域で5月18日より5日連続で放送されたリモートドラマ『ホーム・ノット・アローン』(NHK総合)が、5月30日深夜に全国放送される。このたび、放送を前に松下洸平よりコメントが寄せられた。

 本作は、新型コロナウイルスの影響で外出できない日々を送る男女が、リモートで出会い距離を縮めていく姿を描いた、完全リモート制作によるショートドラマ。

 在宅勤務中、1人暮らしのマンションのドアが壊れ、部屋に閉じ込められてしまった田中くみ子(桜庭ななみ)は、修理屋さんにテレビ電話をかけたつもりが、間違えて見ず知らずの居酒屋の店長・常林浩也(松下洸平)の自宅にかけてしまう。それをきっかけにお互いにテレビ電話をかけ合う関係になった2人は、少しずつ自分のことを語り出していき……。

『スカーレット』で主人公・喜美子(戸田恵梨香)の妹・直子を演じた桜庭ななみと、喜美子の夫・八郎を演じた松下の2人芝居となる。

 コロナ禍で仕事や今後について悩む居酒屋の店主・常林を演じた松下は、「常林という人物と数日向き合ってみて、ネガティブになることは簡単だけどポジティブになることが人生において大事なんだと、改めて感じました。そして同時に普通の暮らしがどれだけ尊いものなのか、これからも日々を大切に生きて行こうと思いました」と、コメント。

 松下自身もコロナ禍の影響で多くの仕事のスケジュール変更が余儀なくされたという。現在の状況について、「いつ何が起こるかわからないという状況が僕らの仕事に限らず起きていて、生きるということをたくさんの人が見つめ直した時期なんじゃないかと思います。自分が今までやってきたことや、積み重ねを信じていくことが大事だと思いました。そしてこの仕事が好きなんだと改めて感じました」と役者への思いを明かした。

 関西のみの放送から全国放送が決定したことについては、「0分のショートドラマの中にそれぞれの日常と出会いが詰まっている温かい作品になりましたので是非ご覧ください。そして全国の皆様、桜庭さんのファッションショーをお楽しみに!」とメッセージを寄せている。

■放送情報
リモートドラマ『ホーム・ノット・アローン』完全版 (全5話を10分に再編集)
NHK総合にて、5月30日(土)深夜2:05~2:15放送
出演:桜庭ななみ、松下洸平
作:桑原亮子
制作統括:小川徹、城谷厚司
演出、泉並敬眞
制作・著作:NHK大阪拠点放送局
写真提供=NHK

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

音楽記事ピックアップ