斎藤嘉樹や一ノ瀬ワタルなど 『エール』三浦貴大率いる熱血応援団メンバーに注目!

斎藤嘉樹や一ノ瀬ワタルなど 『エール』三浦貴大率いる熱血応援団メンバーに注目!

 曲作りに苦悩するも、早稲田大学応援団の応援歌を書き上げ、音楽に再び向き合う活力を得た裕一(窪田正孝)は久しぶりに鉄男(中村蒼)と会い、さらにその場に東京で再会した久志(山崎育三郎)も呼び出す。木枯(野田洋次郎)に対して「今できること」をやってみると言って飛び出した裕一には考えがあるようだ。『エール』(NHK総合)第8週は「紺碧の空」、裕一が書き上げた早稲田の応援歌のタイトルをなぞっている。

 裕一の曲作りに対する苦しみ、音(二階堂ふみ)の家出など波乱万丈であった今週の古山家に“エール”を送り続けたのは、なんと言っても早稲田大学応援団の面々だろう。ある日突然、裕一の家にゾロゾロと入ってきたかと思うと、作曲を依頼。度々集まっては曲の完成にやきもきしたり、慶應の応援団長・御園生新之助(橋本淳)と一触即発のピリピリムードを見せたかと思えば喫茶・バンブーのミルクセーキを美味しそうに飲んだりと、印象的な姿を見せてきた。

 5月20日には新型コロナウイルスの影響で「第102回全国高等学校野球選手権大会」を中止するという苦渋の決断が発表されたばかりだが、応援団長の田中(三浦貴大)の過去のエピソードは現代の高校球児たちの悔しさにリンクするものとなった。そんな時流もあり、本作の応援団による「紺碧の空」の力強い歌声と全力のエールは、裕一だけでなく日本中の人々の心に響き渡ったことだろう。今回は、今週大活躍した応援団のメンバーについて紹介したい。

応援団長・田中隆(三浦貴大)

 慶應大学応援団の応援歌に「若き血」が使われてから、早慶戦で早稲田は11連敗。当時応援歌は試合の勝敗を左右するほどの大きな力を持っていた。そんな早稲田の応援団を率いるのがこの男、田中隆である。裕一が曲作りのスランプに陥る中、田中は自身が“応援”をしようと思ったきっかけになる出来事を吐露する。在学中最後の応援となる今回の試合にかける胸中を漏らすシーンには、思わず目頭が熱くなる。いつも一生懸命でまっすぐな田中は熱い九州男児で、博多弁が特徴だ。そんなひたむきさが魅力の田中を演じるのは三浦貴大。現在36歳でありながら現役の大学生役を熱演する。さらに、かなり体力を要する応援団の団長という役を力強い“振り付け”で表現し、パワーと熱い魂のある田中という役を全うした。父は三浦友和、母は山口百恵と芸能一家の三浦だが、この先には公開待機作も多数控えており、本作での活躍をバネにこれからさらに羽ばたいていくことだろう。

佐藤幸太郎(斎藤嘉樹)

 久志(山崎育三郎)の従兄弟。久志を通して良い作曲家を紹介してもらおうと、応援団員と共に音楽学校を訪ね、裕一を紹介してもらう。裕一が「紺碧の空」を引き受けてからは「言い出しっぺ」として裕一の見張り役を務め、カフェーバンブーで裕一が曲を書き上げるのを何日も待機していた。しかし、「先生が頑張ってるときに、何か口に入れるなんて失礼だ」と梶取夫妻の好意の差し入れを断ったため、カフェーバンブーの恵(仲里依紗)から「お店にきて、何も注文しないで何日も居座る方が失礼だと思うけど」と煙たがられてしまう一幕も。映画『ひゃくはち』(2008年)では『エール』で鉄男を演じる中村蒼と共演していた過去がある。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

音楽記事ピックアップ