『死神遣いの事件帖 -傀儡夜曲-』ポスター&予告編 鈴木拡樹×安井謙太郎演じる迷コンビの姿が

 5月29日に公開される映画『死神遣いの事件帖 -傀儡夜曲-』の本予告と本ポスターが公開された。

 本作は、映画と舞台を完全連動させるプロジェクト「東映ムビ×ステ」の新作。初夏公開の映画と夏上演の舞台が連動して展開される。

 映画の舞台は江戸。市中で探偵業を営む久坂幻士郎は、死神・十蘭と契約関係にあった。この幻士郎、豊臣家に仕えた高名な傀儡子(人形遣い)の息子で、さらには“死神遣い”であった。一方、吉原の大遊廓で“遊女連続殺人事件”が発生。そして、この物語を引き継ぐ舞台では、吉原遊廓の惣名主を父にもつ侠客のリーダー庄司新之助と、死神・十蘭が大暴れする。

 本ポスターには、鈴木拡樹演じる探偵業を営む久坂幻士郎のお茶目な表情が。また彼の後ろには、こちらを見つめる安井謙太郎演じる相棒の死神・十蘭と、力強く吠える崎山つばさ演じる新之助、伏し目がちに佇む乃木坂46の鈴木絢音演じるお藤の姿が切り取られている。

映画『死神遣いの事件帖 -傀儡夜曲-』予告編

 予告編では、鈴木演じる幻士郎がコミカルな表情で登場し、安井演じる相棒の死神・十蘭と“簡単”な人探しの仕事をするはずが、どんどんと面倒なことに巻き込まれていく。後半には倒れこむ侠客・新之助や、お藤のせつない声、さらには涙を流す十蘭の姿も映し出される。そして崎山が本作のために書き下ろした主題歌「幻想人」も予告編に使われている。

■公開情報
映画『死神遣いの事件帖 -傀儡夜曲-』
5月29日(金)公開
出演:鈴木拡樹、安井謙太郎、崎山つばさ、鈴木絢音(乃木坂46)、押田岳、松浦司、松本寛也、北川尚弥、高田里穂、萩野崇、陳内将、山口馬木也、堀内正美、高田聖子
脚本:須藤泰司
監督:柴﨑貴行
配給:東映ビデオ
(c)2020 toei-movie-st
公式サイト:shinitsuka.com

■公演情報
舞台『死神遣いの事件帖 -鎮魂侠曲-』
7・8月上演
出演:崎山つばさ、安井謙太郎、陳内将、松浦司、松本寛也、北川尚弥ほか
原案:須藤泰司
脚本・演出:毛利亘宏(少年社中)



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる