大ヒット曲を歌い上げる新キャラが続々登場 『トロールズ ミュージック★パワー』特報

大ヒット曲を歌い上げる新キャラが続々登場 『トロールズ ミュージック★パワー』特報

 10月公開のドリームワークス最新作『トロールズ ミュージック★パワー』より、特報映像が公開された。

 『シュレック』や『ボス・ベイビー』などのドリームワークス・アニメーションが手がける本作は、歌って踊るトロールたちの繰り広げる大冒険が、彼らの心情と状況を捉えた音楽を織り交ぜながら描かれる『トロールズ』シリーズの最新作。

 主人公・ポピーたちに届いたロック族のクィーン・バーブからの一通の手紙から明らかになったのは、トロールたちの封印されていた秘密だった。なんとトロールの世界はポピーたちの暮らすポップ村だけでなく音楽のジャンルごとに村が存在し、かつてはひとつの王国として繁栄していたというのだ。「私たちと違う歌や踊りをするほかのトロールたちがいるなんて素敵!」と胸を弾ませるポピー。しかし、クィーン・バーブの本当の目的は、全ての村の乗っ取りだった。全トロールを救うためポピーと仲間たちは未知なる世界へと旅立つ。

 大ヒットナンバーとオリジナル楽曲が詰め込まれた本作の主人公・ポピー役を『ピッチ・パーフェクト』シリーズのアナ・ケンドリック、ポピーの“友達以上恋人未満”ブランチ役を音楽プロデューサーとしても参加している、世界的人気ミュージシャンのジャスティン・ティンバーレイクが務める。そのほか、ジェームズ・コーデンや『アメリカン・アイドル』で優勝を果たしたケリー・クラークソンらも参加している。

ドリームワークス最新作『トロールズ ミュージック★パワー』特報

 公開された特報映像では、ポピーがシンディ・ローパーの「ガールズ・ジャスト・ワナ・ハヴ・ファン」のアレンジ曲を明るく歌い上げ、ネオンカラーのテクノトロールによる、ダフト・パンクの「ワン・モア・タイム」、モーツァルトのような風貌のクラシックトロールたちによるクラシックミュージック、全身ラメのヒップホップトロールによるオリジナルのラップソングが次々と流れる。そんな中、ロックトロールのクィーン・バーブがエレキギターの演奏とともに現れ、「ロック以外の音楽は全て破壊してやる!」と全音楽の乗っ取り宣言をする様子が描かれている。

■公開情報
『トロールズ ミュージック★パワー』
10月、TOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショー
監督:ウォルト・ドーン
出演:アナ・ケンドリック、ジャスティン・ティンバーレイク
配給:東宝東和、ギャガ
(c)A UNIVERSAL PICTURE (c)2020 DREAMWORKS ANIMATION LCC.ALL RIGHTS RESERVED.
公式サイト:http://trolls.jp

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる