浸水した船内で目が覚めるシャイリーン・ウッドリー 『アドリフト 41日間の漂流』本編冒頭映像

浸水した船内で目が覚めるシャイリーン・ウッドリー 『アドリフト 41日間の漂流』本編冒頭映像

 4月10日公開の映画『アドリフト 41日間の漂流』より、本編冒頭映像が公開された。

 本作は、『エベレスト 3D』で実際に起こった集団遭難事故を3D映像で描いたバルタザール・コルマウクル監督が、太平洋の実話海難記を映画化した最新作。1983年、婚約したばかりのタミーとリチャードは、ヨットに乗り込みタヒチからサンディエゴへと旅に出た。ところが、出発から2週間後、記録的なハリケーンに遭遇し巨大津波に飲み込まれてしまう。船室にいたタミーはしばらくして目を覚ますが、ヨットは操縦不能で無線も繋がらない。さらに、大怪我を負い波に漂うリチャードを発見。極限状態の中、タミーはセーリングの知識を総動員し、陸を目指す。

 主演を務め、製作総指揮にも名を連ねているのは、『ダイバージェント』シリーズで人気を確立し、近年ではニコール・キッドマンらと共演のドラマ『ビッグ・リトル・ライズ』でも活躍するシャイリーン・ウッドリー。絶体絶命の状況下で逞しく奮闘するタミーを体当たりで演じた。相手役は、『チャーリーズ・エンジェル』や『ナイチンゲール』など話題の出演作公開が続くサム・クラフリン。重傷を負いながらもタミーを励まし支え続けるリチャードを演じた。

映画『アドリフト 41日間の漂流』本編冒頭映像

 公開された映像は、ウッドリー演じる主人公のタミーが、浸水した薄暗いヨット船内で目が覚める場面から始まる。テーブルや洋服が周りに散乱し、終始揺れ動く船内の海水に何度も足をとられながらも我に返り「リチャード!」と婚約者を探し始める。そしてなんとかヨットの外に出たタミーだったが……。

 本作は、タミー・オールダム・アッシュクラフトによる太平洋上で難破してから生還するまでの41日間に及ぶ過酷な漂流記をまとめた手記を映画化したもの。この物語に魅了された脚本家のアーロン・カンデルとジョーダン・カンデルの兄弟は、「実際にタミーに会ったとき、すぐにシャイリーンが頭に浮かんだ。彼女の強さ、自由な精神、これまで歩んできた道とは異なる種類の人生でもためらうことなく演じるところが似ているんだ」と、第一稿をすぐに友人でもあるウッドリーに送ったと、当時を振り返る。

 『ザ・ディープ』や『エベレスト 3D』などサバイバル映画を手がけてきたアイスランドの監督コルマウクルも脚本を読み、主人公を演じられるはウッドリー以外考えられないと思っていたという。そして当のウッドリーも出演を快諾すると、劇中過酷なサバイバルに直面することになるタミーを演じるため、1日350kcalしか摂取しないという厳しい食事制限を行い、自身を極限状態に追い込んだ。

■公開情報
『アドリフト 41日間の漂流』
4月10日(金)新宿バルト9ほか全国公開
監督:バルタザール・コルマウクル
出演:シャイリーン・ウッドリー、サム・クラフリン
配給:キノフィルムズ/木下グループ
2018年/イギリス・アメリカ/英語/カラー/スコープサイズ/5.1ch/96分/字幕翻訳:チオキ真理/原題:Adrift
(c)2018 STX FINANCING, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
公式サイト:http://adrift-movie.jp
公式Twitter:@AdriftMovieJP

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる